突然頭の中で回路が繋がった瞬間。[まとまりのない話]

ここしばらく(5年以上)ずっと低迷していました。

やりたいことが無い、探しても見つからない。

 

 

ですが、ついさっき色んなことが繋がって、アイディアが色々浮かんでくる感覚を感じました。

手応えを感じた瞬間。

 

 

まとまりは無いですが、まとまりが無いままつらつら書くと、そのときの頭の中はこんな感じ。

また新しい何かを掴みかけています。

今日の私の頭の中。

何かを売りたい。

自分でビジネスを作って売上を立てていきたい。

でもやりたいことが無い。

「自分が欲しいものを売ればいい」って言われたって、そもそもあまりモノを買うの好きじゃないしな。

物販をしたいという気持ちだけあるのに、何を売れば良いのか分からない。

エゾシカ撃ってジャーキーにしてネット販売したいけど、次の第一種猟銃免許試験半年後だしな。

しばらくこの話は進まない。

やりたいことが無い~。

やりたいことが無い~。

あー何か美味しいもの食べたいな。

最近あんこが好きになってきたから、岡西さん(近所の評判の和菓子屋さん)のおはぎを食べようかな。

(買ってきたおはぎとお団子を食べながら。)

やりたいこと、無いなあ。

あ、そういえば、小田原にお土産って無いな。

このおはぎは、通りもんみたいに配るタイプのお土産じゃないしな。

あっ。

私、その土地土地の美味しいもの食べるの大好きだ。

銀座のアンテナショップもほぼ全部回ったくらい大好きだ。

お取り寄せもよくする。

(数ヶ月前は、ご当地パンにハマって、ネットで注文しては食べていました。)

日本だけでなくて、世界の美味しいものや文化を知るのも大好き。

ちなみに、美味しいものを食べると、嬉しいと同時に、

「どうして教えてくれなかったのー!」

「どうしてもっとPRしてくれてなかったのー!」

「どうしてネット販売してくれてないのー!」

と思う。

その情報、たくさんの人にちゃんと届けておいてよと。

小田原も、レモンやみかんが名産品なんて、小田原に来るまで知らなかった。

瀬戸内レモンのいか天やレモスコのように、手に取りやすいお菓子や調味料にしてもっと売っていったら、人気になるんじゃないかな?

というか、人気になるどころか、今そういうお土産小田原に無いしな。

かまぼこやういろうは、会社で配りにくいしな。

コロナ禍とはいえ、そういうお土産はあって良いだろうしな。

そういえば、自分は「ポンプ」のようだなとよく思う。

必要としている人に、必要としているものを、つないで流す役割。

良いものを見つけたら、必要としてそうな人に向けて喋らずにはいられない。

身体でいう心臓のような。

ん?「心臓」?(何かバシッとハマった感覚)

そういえば、過去に心臓の手術を受けたとき、手術前は穴あけパンチができないくらい力が入らなかったのに、手術をしたらバシッと穴が開いて「わあっ!」ってなったな。

今の、バシッとハマる感覚、そのときの穴あけパンチで穴を開けたときの感覚と一緒だ。

バシッとハマって、身体からグワンと何かが循環していく感覚。

あーそうか。

自分のテーマのひとつに、「心臓」があるんだな。

今、色々気づいたことで、色んなものがバチバチバチってハマって、大きく循環していく感覚がする。

レモスコみたいに、小田原のレモンも調味料にならないかな。

ワンコインくらいで。

柚子胡椒みたいに、レモン胡椒みたいなものがあるといいな。

塩レモンも一時期流行ったから、あれもいいな。

みかんは、オランジェットだと手が汚れちゃうから、オレンジピール入りのブラウニーとかあったらいいな。

なるほど。

自分で何かを作って売る感覚、分かってきたかもしれない。

自分でビジネスを生み出してまわしていく経営者の感覚、やっとつかめてきたかもしれない。

転換点は突然やってくる。

色んなことに気づくと、自然と色んなアイディアがぶわーーっと吹き出してきました。

少し前まで、やりたいことが無いばかり言っていたのに。

今度は、あれやりたい、これやりたいが、止まらない。

面白い瞬間でした。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の他のブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加