上手な写真と伝わる写真[写真の撮り方]

アクセサリーの撮影をしました。

 

 

「キラキラしたものの撮影は難しい(ものすごく反射をするので)」

とは知っていましたが、想像以上に大変でした

 

 

ただ、撮影しているうちに、

「どうやったら綺麗に上手に撮れるだろう?」

というスタンスが、

「どうやったら、私が感じた魅力をちゃんと写真に写せるだろう?」

というスタンスに変わっていきました。

 

 

文章でも、

「上手な文章」

「伝わる文章」

が、必ずしも同じでないように。

 

 

この2枚の写真には、

「すごくキラキラなんだよ。

とてもきれいなんだよ。

深いのに透明感のある、神秘的なブルーなんだよ。」

という感動を込めました。

 

 

本当に美しい青です。

 

 

こちらの写真には、

「秋色、ほっこり落ち着く色です。

三色並べてもまとまるくらい。」

という感覚を込めました。

・ゴールド
・デニムブルー
・モーヴ

トーンが落ち着いた秋服になじみつつ、煌びやかな華やかさを与えてくれるカラーです。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)