ロット数が大きいと気が重くなる感覚。[パッケージ選び]

(2022/08/22の話です。)

イヤリングのパッケージ用のケースをゲットしました。

 

 

最初はオーダーメイドでロゴ入りのものを注文しようとしたのですが、今回は既製品にしました。オーダーメイドだと、だいたい30個から。

1個、2個とか少ない単位で作ってもらえるようなものではないです。

 

 

30個注文すると1個あたりの値段は約900円。

(ロット数が多くなるほど安くなります。)

 

 

今は、

「今後たくさん利用するのだから、とりあえず1度利用して慣らしてみたらいいじゃない。

万が一全部使わなくなったとしても1回利用した、という経験は得られるじゃない。」

という気持ちなのですが。

 

 

最初は、

「30個?!今の自分には無理!!」

と思ってしまいました。

 

 

それどころか、パッケージのことを考えるだけで気持ちがどよ〜んとしてしまって😂

 

 

「何が必要かな?

 

 

アクセサリーのケースと…?

ビニールの袋と…?

発送用の段ボールと…?

サンキューシールと…?

わあ…揃えるものがいっぱいだあ…

オーダーメイドの箱を作るなら、原稿を入稿しないと…

そのためにはロゴを作らないと…。」

と。

 

 

必要なものを揃えるのも気が重ければ、最初から何十個も揃えるのも、気が重く感じてしまいました。

 

 

ランニングを始めたばかりなのに100kmマラソンのことを考える、みたいな。

 

 

でも私は、見た人に私がやっていることを、

「自分もできそう!」

と思ってもらいたくて。

 

 

「何十個も揃えるの、ハードル高いなあ。」

と思っていた数ヶ月前の自分でも、

「これならできそう。」

と思えるよう。

ワンステップ踏むことにしました。

 

 

既製品のパッケージなら1つから買えます。

 

 

並んだ箱たちを見て、なんだかるんるんしました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

裕里(ゆり)(@yuri.gemfiore)がシェアした投稿

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)