自分の快・不快に敏感になる@歯医者

「自分の快・不快に敏感になる」を、

歯医者で実践してきた~~~!!

という話です。

 

 

先日、歯医者に歯科検診に行ってきました。

 

すると、

ブラッシングをしていただいている最中、

歯医者の歯ブラシが合わなかったのか、

 

なんと、

骨がゴリゴリ揺さぶられる謎の感覚が

全身に響いてしまって…!!

 

ものすっごい心地悪いーーー!!!(涙)

 

つい言えずに我慢してしまうところですが、

一歩踏み出して言ってみました。

 

「個人的な好みだと思うんですけど、

この歯ブラシだと骨に響く感覚がしてしまって。

 

大変申し訳無いのですが、

もし他の歯ブラシがあったら

そちらにしていただくことは

できますでしょうか…?

 

あと針金の歯間ブラシも苦手なので、

ゴム製のものにしていただけると嬉しいのですが…!」

 

すると、衛生士さん、

「わーごめんなさい!!

言ってもらって良かったです!

そう仰る方いますよ。」

と優しく応対してくださいました。(感謝)

 

別の歯ブラシにしていただいたら、

とっても快適に過ごせました(*˘︶˘*)♡

 

 

願望は、言い方だけ配慮して、

とりあえず伝えてみる。

 

もし叶わなくても、

自分の本音をちゃんとキャッチして、

言葉にしたということだけで、

GOODなのです。

 

「自分の快・不快に敏感になる」

ってこういうこと。

 

ちゃんと実践できて、

嬉しかったーという話でした。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加