内観をしすぎて頭がパンパンになった。[ボディートーク]

久しぶりにボディートークセッションを受けてきました。

今回は、ボディートークを学ぶ前からお世話になっているフィットネスパートナーズ樋渡旭さんの所へ。

 

 

相談させていただいたのは、

「ずっと『少し気にになるなー』程度だったささいな悩みが、なぜか突然あふれてしまって、エムレスをしても追いつかない。」

という内容でした。

 

 

セッションで出てきたのは、こちら。

  1. 脳が情報でパンパンになっているので、一度リセットする。
  2. 視床が過剰に反応するようになっていて、何かと感情的に、さらに疑い深くなっているのを解消。
  3. 「他人からの嫉妬心が怖い」という気持ちがブロックになっていて動けなくなっているのをやわらげる。(実際に嫉妬されているかもしれないし、実際はされていなくて自分がそう思っているだけかもしれないけれど、全部ひっくるめてw)
  4. 「目立ちたくない。目立ったら誰かに潰される。」という恐怖心をやわらげる。
  5. 内観をしすぎて、頭の中で情報がつってしまっているので、つまりをとる。
  6. 身近な人をロールモデルに、コミュニケーションをスムーズにする。(誰とでもニュートラルに付き合える樋渡さん、幅広く色んな人と仲良しなボディートーク仲間のかわすみゆりこさんのお二人😉👍)

セッション前は、ずっと気持ちがアワアワしていていたのが、終わった後はすっきり穏やかに戻りました。

 

 

視床の過剰な反応は、内観のしすぎからきているようだったので、

「アレ?今回の症状って自業自得じゃない?」

と、自分のマヌケさを感じました😂

 

 

自分の心の声をキャッチするのは大事ですが、

「あの人のあの言葉って、どういう意味で言っていたのだろう?」

みたいな、答えが出ないことをあれこれ考えすぎていました。

 

 

セッション前は、

「なんかあれこれ気になってしまって止まらない!」

という状態だったのが、

「色々考えてもしょうがないよねー」

と、手放せるようになって胸がすっきり。

 

 

感謝です。

いつもありがとうございます🙏

 

 

写真は、ずっと行きたかった麹町のおしゃれカフェNo.4さんのかぼちゃのフレンチトースト。

ふわふわジューシーでした♡

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

裕里(ゆり)(@yuri.gemfiore)がシェアした投稿

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)