最初の一歩は小さくて良い。

最初の一歩は小さくて良いんだよという話。

 

 

少し前から、

「ジュエリーデザイナー」

という言葉が頭にあった。

 

 

けれど、ずっと、

「ジュエリーデザイナーになる方法、ネットで調べても分からないな。」

「自分が石や金属を削っているイメージ、あんまりわかないな。」

「方向性は見えたけれど、なんか遠い。

現実味が無い。

『これだ!』っていう感覚が無い。」

と、ぼんやりしていた。

 

 

でも昨日家でごろごろしていたとき。

「最初から一から作ろうとしなくて良いんだ!

まずは、パーツショップで、既製のパーツを買って組み立てて、アクセサリーにして販売すれば良いんだ!」

と気づいた。

 

 

「オリジナルのアクセサリー」

ということにとらわれすぎて、最初から高すぎるハードルを設定してしまっていた。

  • 石、金属の部分からオリジナル
  • 18K以上

というイメージを描いてはいたけれど、最初の一歩からこれを実現させようとしていた。(無謀)

 

 

だから、

「そんなことできない」

「やり方が思い浮かばない」

とげんなりしていた。

 

 

最初から完全オリジナルで作らなくて良かったんだ。

むしろ、仕入れ販売からでも良かったんだ。

 

 

とりあえず、明日貴和製作所に行ってこようと思いました。

 

 

写真は以前ノートの表紙に描いていた落書き。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の他のブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加