やりたいことは過去から見つかる。

少し前に、

「バスソルトの作り方を習ったのだから、とりあえずバスソルトを作って売ってみよう。」

と思って買ったものたち(一部)。

 

 

結局、頓挫してしまった。

 

 

作っている最中で気づいたけれど、私はめんどうくさがりや屋なので、オーガンジーの袋に入ったハーブ入りのバスソルトは使わない。

使わないというより、使えない。

(可愛いので、見るのはすごく好きです。)

 

 

エプソムソルトやバスオイルように、ザッと入れてハイ終わり、みたいなものなら使うのですが……。

 

 

一方、アクセサリーは、10代の頃毎日のように作っていた。

 

 

あと、最近気づいたけれど、20代前半のときに貴和製作所浅草本店でパーツを眺めながら、

「この綺麗な石を使って膨大な量のアクセサリーを作りたいなあ。」

とぼんやり思ったことがあった。

 

 

でも、

「そんなに作ってどうするのw」

「そんなにあっても私着けないじゃないw」

って思ったのだった。

 

 

バスソルトは私の人生には無かった。

でもアクセサリーは、ずっとあった。

 

 

アクセサリーというか石。

 

 

「やりたいこと」

「仕事になること」

「お金になること」

は、新しく見つけるものではないのだなと感じた。

 

 

願いは過去にある。

過去にふと思ったけれど、

今は忘れてしまっていること。

 

 

壱岐島に行ったとき、さやりんごちゃんに、

「あなたはバスソルト売らないよ。」

「売るのは硬いものだよ!」

と言われたけれど、その通りになったなあとしみじみしています。

 

 

このハーブたちは、ハーブティーにして飲みます。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の他のブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加