「心地良さ」がある水準まで溜まると突然ステージアップが起きる。

フェムカイロを使って感じたのが、

「なんとなく気持ち良い。温かい。」

「無いよりあった方が良い。」

「これに慣れると、使わないときが、なんとなく肌寒く物悲しく感じる。」

という感覚だった。

 

 

そして逆に、

「あれ?もしかして、知らなかっただけで、地味に冷えていたのでは?」

と気付いた。

 

 

自分が気づいていない「小さな不足」ってあるもので。

その「小さな不足」は、丁寧に丁寧に、ひとつひとつ満たして「心地良さ」にしてあげると、突然ボーンとステージアップとなって現れるものだと思う。

 

 

例えば、

  • PMS対策にフェムカイロを使うようになって、快適度がアップした。
    →+10ポイント
  • 冷水でなく、美味しいハーブティーを飲むようにした。
    →+10ポイント
  • 部屋に花を飾りたいと思っていたので、飾るようにした。
    →+10ポイント
  • 身体の循環を良くするために、ヨガの時間をとるようにした。
    →+10ポイント
  • 白砂糖から未精製のてんさい糖に変えた。
    →+10ポイント

etc.

みたいな。

 

 

そして、これらの「心地良さ」がある程度まで溜まったときに、

ドッカーン

と大爆発が起きるのだと思う。

 

 

意識の変化だったり、自分の目覚ましい進化に自覚したり。

 

 

成長曲線のようなもので。

 

 

「なんか肌寒いな」と思っても、そのまま我慢する人と、一枚羽織ったり、部屋の温度を上げたりする人では、身体の健康も、運命の回し具合も、作っていける現実も、かなり違うと思うんだよ。

 

 

フェムカイロに、

「これひとつつけるだけで、冷え性が消えて手足の先までぽっかぽか!」

みたいな即効性や大きな効力は無い。

 

 

でも、その「心地良さ」の蓄積には、地味にかなり貢献するツールだと感じているよ。

とりあえず使って試して欲しい、興味深いツールです。

 

\ フェムカイロ販売中です /

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)