[生存報告]ちゃんと生きてますw

お久しぶりの更新です。
ちゃんと生きてますw

少し近況報告的な、
オチも軸も無い話です。

26歳まではずっと、
アダルトチルドレン克服のことしか
考えていなくて
「この苦しみから解放されたい」
という気持ちで生きていました。

30歳前後は、
「自分が得たメンタルケア法を
一人でも多くの人に伝えたい」
という気持ちで生きていました。

苦しみから解放されれば
幸せに生きられると思っていました。

が。

苦しみから解放されて
心が自由になったら、
今度はどう生きていいか
分からなくなりました。

生きる目標が消えると、
生きること自体がめんどうくさくて
たまらなくなりました。
だってその先に何も無いのだもの。

ごはんを食べることも、
着替えることも、
息を吸うことさえも、
めんどうくさくなりました。

さらに、
私はPMSや気象病がひどいのですが、
毎月の心や身体の不調に
耐えられなくなって

「定期的に不幸になるのに
どうして生きていなければ
いけないの?」
という気持ちになりました。

これでは生きられないので、
次の目標を必死で探しました。
でも、何も見つかりませんでした。

目標どころか、趣味などの何かしら
心に響くものにも出会えませんでした。

ひねりだしてひねりだして
アクセサリーを作ってみましたが
確かに好きではあるけれど
無理矢理ひねりだした感というか
今じゃない感を感じました。

目標や、やりたいことが
何もなくなって、
それまで勢いで乗り切れていた
生きることのめんどうくささに
耐えられなくなって、

気づきました。

ああ、
「めんどうくさいこと」
に立ち向かって、
「めんどうくさいこと」を
こなしていくことを
習慣にすれば良いんだ、と。

そして、
「めんどうくさいこと」
には何かがひそんでいるということにも
少しだけ気づきました。

直視したくない何か。
願望を叶える何か。
大きな変化を起こす何か。

まだ突破しきれていないですが、
今そんなあたりを生きています。

ちなみに、
何も目標が無くなって、
やりたいことが無くなって、
心も身体も動かなくなったとき、
唯一できたのが会計でした。
私の場合は。

ということで、
税理士法人の会計コンサルという
位置に流れつきました。

迷いが突破しきれたら、
また何か発信していけそうです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

裕里(ゆり)(@yuri.gemfiore)がシェアした投稿

 

\ フェムカイロ販売中です /

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)