[肋間神経痛]横隔膜に溜まった感情を解消したら肋間神経痛が無くなった。

以前、私は肋間神経痛で困っていました。

左の肋骨の内側が痛い上に、原因も、対処法も分かりませんでした。

 

しかし、最近良くなった上に、原因も分かったのです!

やっとスッキリしました。

地味な肋間神経痛。左の肋骨が痛かった。

以前、7年くらい肋間神経痛に困っていました。

 

肋骨の左のあたりが痛むのです。

 

肋骨の内側に、肩こりのように張ってる部分があって、内側から助骨を押すように圧迫していました。

でも、筋肉が張ってるわけでもなさそうで、どうしてこうなっているのか、よく分かりません。

 

「いつも痛くてつらい」というほどでは無くて、「仕事が忙しくなると、たまにズキズキして痛む」という地味~な痛みでした。

 

整形外科で相談してみても、

「肋間神経痛は、原因が1つではないのでよく分からない。」

「これという決まった治療法は無い。」

「ひどければ神経系の薬を使うことになる。」

「でも、それほどじゃないなら自然に治るのを待ってみて。」

ということでした。

(※交通事故のような外傷の場合は、また別。)

 

痛みは地味。

原因がよく分からない。

はっきりした治療法も無い。

 

にっちもさっちもいかないので、しばらくこの件は進捗していませんでした。

横隔膜の感情を解放したら、肋骨の痛みが無くなった。

が、なんと最近になって、肋間神経痛が無くなったのです。

 

結論、痛みの原因は、「横隔膜にたまっていた感情」でした。

 

悲しみ、怒り、さびしさ、嫌悪感、拒絶感。

たまった感情が、肋骨を内側から押して圧迫していて、痛みになっていたようです。

 

 

実は、ここしばらく悩みがあるたび、ボディートークマインドフルネスで、悩みの原因になっている「過去のつらかった気持ち」を解消していました。

 

その際、色んな感情が溜まっていたのが、主に横隔膜だったのです。

 

それらが解消されるたびに、横隔膜が軽くなっていました。

 

 

ボディートークやマインドフルネスを積み重ねて、しばらくしてから、

「あ、そういえば肋間神経痛、無くなった!内側から押される感覚が無い!」

と、気づいたのです。

 

肋間神経痛を治すために、ボディートークやマインドフルネスをしたわけではありませんでした。

 

過去の感情を癒やしたことで「なんだかんだ、ついでに」良くなりました。

思わぬ収穫でした。

 

このケースでは感情の解放で良くなりましたが、身体の不調がある場合は、まず必ず病院へ行ってくださいね!

横隔膜は、感情のエネルギーが溜まりやすい場所。

横隔膜は、「感情のエネルギーの中継地点」です。

 

横隔膜にたどりついた感情は、言葉として口から出ていったり、便としてお手洗いに流れていったり、肝臓で処理されたりします。

 

でも、処理しきれなかった感情は、横隔膜にたまります。

(横隔膜の右の方は身体の右寄りにある肝臓に処理されやすいので、横隔膜の特に左の方にたまります。)

 

感情が横隔膜にたまると、横隔膜の動きが悪くなって、呼吸も浅くなります。

そして場合によっては、横隔膜がこりかたまることで、骨を内側から圧迫して、痛みになるようです。

まとめ。まずは必ず病院へ。

肋間神経痛にも、原因は色々あるようですし、あくまでこれは一例です。

私は結果的にマインドフルネスとボディートークで良くなりましたが、肋骨の痛みでお悩みの方は、まずは必ず病院で診てもらいましょう。

 

病院で診てもらって、特に具体的に解決しなかったときには、感情の解消をおすすめします。