保険がよく分からない人は、まず保険ショップに行くと楽だよ[保険の見直し]

去年保険の見直しをした。

それまで入っていた保険を解約して、改めて4社入った。

 

保険の見直し、すっごく楽しかったから、きっとしばらく保険の話をし続けます😍

(なんというか「この保険とこの保険をこの条件で組み合わせたら、最強の布陣が作れる!!」みたいなのを見つけていくのが、すごく楽しかった。)

保険の見直しをした理由。

なぜ保険の見直しをしたかと言うと、「入っていた医療保険が、まさかの55歳満期だった」から…!w

(あと、何かと新聞で問題に挙がる某K生命さんだったから…orz)

 

 

私は、父が2018年から入ってくれていた保険を引き継いだのだけど、中身もまったく見ていなくて、自分がどんな保険に入ってるか何も把握していなかった。

 

 

そんなある日、旦那氏がふと、

「あれ…?この保険、55歳満期じゃない…?」

「むしろ医療保険が必要になるのって、それ以降じゃない…?」」

と気づいてくれた。

(旦那氏グッジョブ。旦那氏ありがとう。)

 

 

55歳で終わる保険に毎月10,800円支払っていることに気づいて、絶叫ですよ。

保険についてよく分からない方は、とりあえず保険ショップに行くと楽だよ。

見直し当初の私のように、「保険について何も分からない」という人は、とりあえず「保険ショップ」に行くのがおすすめ✋

 

 

保険ショップというのは、ほけんの窓口さんや、保険見直し本舗さん、などなど、複数の保険を扱ってる保険代理店のこと。

相談は無料で、保険を申し込むと保険会社から保険ショップに手数料が入る、という仕組みで成り立ってる。

 

 

右も左も分からない人は、とりあえずどんな種類の保険があるのか、どういう保障があるのか、必要なのか、とりあえず説明を聞きに行くつもりで行ってみると良いと思う。

(※「あなたに合う保険を組み合わせて提案してくれるから、勧められた保険にそのまま入れば大丈夫」という意味ではないよ。)

 

 

私は、保険の見直しをしようとしたとき、全然保険の知識がなくて、何も分からなかったのね。

 

 

ネットで検索したけれど、種類が多すぎてよく分からなかったり。

保険会社の友達に連絡をしたけど、ちょうど色々都合がつかなかったり。

旦那さんが入っている保険会社の方にプランを作ってもらって、Zoomで提案をしてもらったけど、新卒の子だったようで、申し訳ないけれどあまり分からなかったり。

(この時期に、研修もままならなくて本人も上司も大変だろうに…。)

 

 

ということで、なんだかんだ保険ショップに行くことになった。

保険ショップで説明を聞くと、保険の全体像が分かる。保険選びのスタート地点に立てる。

保険は色々種類がある。

でも最初はそれさえ分からないから、選びようがない。

 

 

保険ショップに初めてうかがったとき、丁寧に説明をしてもらって保険の全体像がつかめた。

おかげで、保険選びのスタート位置に立てた。

 

 

「何も分からない」という方は、保険ショップで全体像をつかんだ後に、自分で詳しく調べたりすると、かなりスムーズに選べるようになるはずだよ。

まとめ。

保険をはじめ、お金に関することって学校で習わないけど、義務教育で扱って良いくらい大切なものだと思う。

 

 

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格では、私が今回見直しをした民間の保険をはじめ、年金・社会保険、税金(控除、所得税等)、不動産(住宅ローン等)、資産運用(株、投資信託等)、マネープランニング、ライフプランニング等を扱うのだそう。

私は、大学生のときに法人税、会社法、民法、憲法、簿記あたりは学んだから分かるけれど、このあたり↑は分からない。

 

最低限のマネーリテラシーを身につけるためにも、近いうちに勉強しておかなきゃと感じたよ。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加