「ほっとひと息」を買う[心がゆるむお金の使い方]

この前の日曜日の午前中、ふとカフェに入りたくなって、近所のカフェに入ってみました。

そして、カフェラテとスイーツを頼みました。

 

 

普段私は、お目当てのものがあるとき以外カフェには、あまり入りません。

もし入ったとしても、ドリンクとスイーツどちらか片方しか注文しません。

(話がすごく地味ですみません。)

 

 

「お目当ての、ホテルのラウンジの、2,000円の紅茶」

には、抵抗なくお金を出せます。

 

 

▼以前パレスホテルのラウンジで飲んだ紅茶、約2,000円

 

でも、

「何かが目当てで来たわけではないカフェ」

では、たったプラス数百円が払えないのです。

 

 

「ひと息つくために」

「カジュアルなカフェに入る」

というのが、私の中で高いハードルでした。

 

 

「中途半端な無駄遣いなのでは」

「近場のカフェに何回か行くより、そのお金で高級ホテルのラウンジに行った方が良いのでは」

という気持ちになってしまうのです。

 

 

はたから見たら、

「わざわざ何言ってんだ」

「内容が小さすぎないか」

と思われるかもしれません。

 

 

ですが、私には、

「カフェに入って、ドリンクとスイーツを頼む」

というのは、ハードルが高いものでした。

 

 

でも、今回、

「カフェに入りたい。

入って、豊かな気分になりたい」

と思ったので、入りました。

 

 

そしたら、とーっても、

「はあーーーーーーーーーーーーー♡」

という気分になりました。

 

 

豊かな気分。

時間がゆったり流れる気分。

胸が開いて広くなる感覚。

自然と息が深くなって深呼吸しました。

ふわ~んと表情筋もほぐれて、リラックスしました。

 

 

とても良い時間を過ごすことができました。

 

 

今までカフェは、

「友達とおしゃべりする場所」

「お目当てのフードを食べに行く場所」

「作業場所」

という感覚しかありませんでした。

 

 

でも、今回初めて、

「リラックスする場所」

「ほっとひと息つく場所」

という感覚を理解しました。

 

 

最近Happyちゃんの朝瞑想を聴いていて(Youtubeでアップされているものを聴いています)、

「ホッとすること」

「脱力すること」

「頭の中をからっぽにすること」

が何より大切、と少しずつ理解してきていたおかげだと思います。

 

 

おかげで、

「日常的に良い気分を買う」

「豊かな時間を買う」

というお金の使い方が体感できました。

 

 

ちなみに、リラックスのプロであるうちの旦那氏は、

「休日の午前中にカフェに行くと、すごく贅沢な気持ちになるよねー!」

と言っていました。

 

 

リラックスにおいて、はるか私の先を行く人です。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)