欲しいものはコスパ度外視で買う[お金の意識の変化]

大好きなテレビ番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか』のTシャツを買いました。

 

 

▼テレビ東京のグッズショップ、「テレ東本舗」@東京駅

お気に入りすぎて、家でこればかり着ています。

私にはハードルが高い買い物でした。

このTシャツ、私にはものすごくハードルが高い買い物でした。

 

 

普段家ではUNIQLOのTシャツを着ているのですが、どうしても、

「私は、服は無地が好きだし、UNIQLOなら1500円で質が良い生地のTシャツが買えるのだし、それでいいんじゃないかな。」

「『好き!欲しい!』というだけで、2750円使うのって、無駄遣いなんじゃないかな。」

と思ってしまって。

 

 

でも、いつもこの番組は録画して見るほど大好きです。

あと、普段プリントTシャツはまったく心に響かないけれど、なぜかこのTシャツはすごく欲しいのです。

 

 

悩んだ末、

「直感が欲しいと言っているのだから買おう」

と思って買いました。

(↑「直感」は、たまに言い訳のように使われる、ミラクルワードと化しました。)

着たときの感覚の違いが興味深い。

充電Tシャツ、部屋着として着ているのですが、とってもうきうきします。

楽しい気持ちになるので、家事や作業もはかどってテキパキ動けます。

 

 

ちなみに、無地のTシャツは着るとホッとするので、着たときの気分の違いがとても興味深く感じました。

 

 

充電Tシャツのおかげで、

「楽しい!うきうきする!は価値」

「好き!欲しい!で、物を買って良い

と思うようになりました。

売る側としての感覚にも変化が起きた。

そういえば、我が家の柴犬がかわいいので、Tシャツを作って売ってみたいと思っていました。

 

 

でも、以前は

「UNIQLOで質の良いTシャツが1500円で買えるのだから、わざわざそれ以上の値段で他のTシャツを買う理由ってなんだろう?」

と思っていました。

 

 

普段自分が買わないから、売る側になったときの売れるイメージが沸かないのです。

 

 

今回、自分が欲しいと思ったものを一歩踏み出して買ったことで、

「自分が売ったときにも、ちゃんと売れる」

という納得感になりました。

欲しいものがあったら、コスパ度外視で買った方が良い。

充電Tシャツ、ものすごく学びのある、素敵な買い物でした。

 

 

「欲しいものがあったら、コスパ度外視で買った方が良い」

と学びました。

 

 

コスパに縛られすぎると、欲しいのに買えないものがたくさん出てきます。

窮屈で、無機質で、つまらなくなります。

 

 

実はとりこぼした分が、豊かで大切なものだったりします。

コスパ度外視で買い物をすると、心が広がって、入ってくるお金の許可の幅まで広がります。

ハイブランドのTシャツも買って着てみたい。

充電Tシャツの学びが面白かったので、

「じゃあ、ハイブランドの数十万のTシャツは着たらどんな気持ちになるだろう?」

と気になっています。

 

 

今度胸に響くものがあったら買ってみようと思います。

 

\ ONLINE SHOP オープン/

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)