ボディートークの仕組み。宇宙図書館から解決方法を探す。

ボディートークは量子物理学を利用した療法です。

ボディートークの仕組みについて、解説します。

「どこをどう良くしたらいいか?」を探す。

ボディートークのセッションでは、まずベッドに横になっていただき、セラピストが、クライアントさんの手首を軽く引っぱります。

そして、クライアントさんの「どこをどう良くしたらいいか?」を見つけます。

 

このときに「どこをどう良くしたらいいか?」という情報をひっぱってくる場所が、「宇宙図書館」です。

「宇宙図書館」というのは、この世のすべてのデータが入っている情報の図書館のようなものです。

「宇宙図書館」以外にも、量子情報空間、アカシックレコード、空(くう)、ブラフマン、タオと呼ばれたりします。

 

ボディートークでは、「インネイトウィズダム(天性の知恵)」と呼んでいます。

 

「宇宙図書館」には、ありとあらゆる情報が入っています。

宇宙ができてから今まで、そしてこれからの宇宙の情報や、人間の進化や細胞の情報、人類の歴史、ひとりひとりの身体、健康、経験について、などなど、この世の全ての情報です。

 

 

この「宇宙図書館」は、誰でも常につながっています。

そして、リラックスした状態のときに、人はよく「宇宙図書館」から情報をキャッチしています。

 

「ウォーキングをしていたら、アイディアがひらめいた」

「シャワーを浴びていたら、問題の解決策がひらめいた」

という話ってよく聞きますよね。

 

普段から誰でも「宇宙図書館」から情報を受けとることができているのです。

 

この「宇宙図書館」には、当然、クライアントさんの過去、現在、未来の情報も、セラピストの過去、現在、未来の情報も入っています。

ご自身が顕在意識で認識していることだけでなく、潜在意識下にあるものなど、ありとあらゆるすべてのその人の情報です。

 

そこでボディートークでは、この「宇宙図書館」から、クライアントさんの「どこをどう良くしたら、心と身体がもっと良く状態になるか?」という情報をひっぱってきます。

 

「宇宙図書館」にある「○○さん(クライアントさん)についての本」の、「心と身体」の章に聞いているイメージです。

 

ボディートークでは、セラピストのセラピーの技術や知識だけでなく、「宇宙図書館」という確実な大元から解決策を見つけてきます。

すべてを知ってる場所から、クライアントさんの不調を見るので、視点の次元が違うのです…!!

 

なので、心と身体の不調に、より的確に対処することができるのです。

 

改めて、本当にスゴイ療法ですよね!!

参考記事:ボディートークで遠隔セッションができるのはなぜ?

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶プロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

アメブロ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加