ボディートークで遠隔セッションができるのはなぜ?

「ボディートークで遠隔セッションができるのはどうして?」

「クライアントさんの手首に触れなくても良いの?」

「スマホやパソコンの通話でいいの?」

とご質問いただきます。

 

ボディートークで遠隔セッションができるのは、量子物理学を利用しているからです。

ボディートークで遠隔セッションができるのはなぜ?

ボディートークでは、「宇宙図書館」から、クライアントさんの「どこをどう良くしたらいいか?」という情報をひっぱってきます。

 

詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

参考記事:ボディートークの仕組み。宇宙図書館から解決方法を引っぱってくる。

 

 

「どこをどう良くしたらいいか?」という情報を、クライアントさんのお身体自体から、直接受け取っているわけではないのです。

「宇宙図書館」にある「○○さん(クライアントさん)について」の本の、「心と身体」の章に聞いているイメージです。

 

なので、「どこをどう良くしたら良いか」という情報は、セラピストがクライアントさんの手首に触れなくても、「宇宙図書館」からひっぱってくることができます。

北海道と沖縄、東京とアメリカ、など遠く離れていても問題ありません。

 

ボディートークは、セラピストの意識がクライアントさんに向いていればできるので、極端に言うと、お名前とお写真をいただいて、クライアントさんご本人を特定できればセッションはできます。

(なので、心や身体の不調で家から出られない方、人と話すのが怖くてテレビ電話さえ抵抗がある方には、お名前とお写真をいただいて、セッションさせていただくことも可能です。※ご本人の同意は必要です。)

 

対面セッションで手首に触れさせていただくのは、よりクライアントさんに意識が向いたり、よりエネルギーなどの情報を受け取りやすくなるからです。

LINEや電話でも会話はできますが、直接会った方が、相手の雰囲気とか空気などを感じとりやすいですよね。

 

私の遠隔セッションでは、クライアントさんの手首にふれさせていただく代わりに、私自身の左手首を使って、「どこをどう良くしたらいいか?」を探していきます。

頭と胸とお腹のタップについて

頭と胸とお腹のタップは、私が「ここをこうタップしてくださいね。」とお伝えするので、画面の前で一緒にやりましょう。

(タップも遠隔でできて、なぜ遠隔でタップができるかは「ホログラフィック理論」で説明ができるのですが、説明が難しいので割愛します。)

 

参考記事:ボディートーク療法って何?効果は?具体的に何をするの?[はじめての方へ]

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶プロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

アメブロ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加