「ボディートークはもうやらないの?」

「ボディートークはもうやらないの?」「ボディートーク以外でも、セッションはやらないの?」と聞かれるけれど、正直分からない。

とりあえず今は再開する気持ちは無い。

知人に「セッションしている時間が幸せ!」と言う方がいるけれど、私はそういうタイプではない。

人と向かい合うより、机に向かい合って、黙々と何かを作っていたい。

もちろん、少ししたら正反対のことを言っているかもしれない。

.

元々、ボディートークを勉強したのは、ただただボディートークを知りたかったから。

エンパスのせいか、念やオーラや見えないものに悩まされて、おかしなことが起きるたびにボディートークをしていただいていた。

そのうち、

「見えないものがどういうものなのか、知りたい」
「見えないものの対処法が知りたい」

と思った。

ボディートークは、身体・心・精神すべてのバランスを整えるものであって、スピリチュアルにかたよったものではない。

でも「目に見えないものの知識」と「それの対処法」を身に付ける方法は、他に見つけられなかった。

(というか、ボディートークの効果が圧倒的すぎた。)

.

最初は、

「それをやって何に使うの?」
「何の役に立つの?」
「お金になるわけじゃないでしょう?」

と思って、踏み出せなかった。

でもしばらくして、自分自身が「勉強したい」「知りたい」と思っているのに、叶えてあげないの?と気づいた。

ボディートークは本当に素晴らしい。

本当に学んで良かった。

またセッションをやるかどうかはさておき、ボディートークで学んだことは毎日の生活にも、物事も見方にも、この次にやることにも、全てに活きているよ。

***

写真はohoraのN TINT GRAY。

グレーは重くなりがちだけど、これはシアーなので軽い感じが出てわっぜよか。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)