おまたカイロでは子宮は温まらない?医師の方々の見解

フェムカイロ(おまたカイロ)で、子宮は温まるのか?温まらないのか?

そして、女性の身体の役に立つのか?役に立たないのか?

詳しく調べてみました。

おまたカイロでは子宮は温まらない説

(中略)そもそも子宮は構造的に骨盤内の深部にあり、周囲には太い血管があって温かい血液が流れているため、冷えとはほど遠い環境にあります。

子宮を温める必要はなく、また、体の外側から内職を温めることは不可能です。

 

つまり、フェムカイロ(おまたカイロ)を陰部に当てて温めていても、子宮には届かないと。

 

 

ただこう付け加えていらっしゃいました。

では、体を温めることに意味がないかというと、そうではありません。

湯船につかり温まると全身の血行が促され、むくみや肩こり、腰痛など生理にともなう症状が緩和されます。

入浴にはリラックス効果もあるので、生理のときの心身の疲れをほぐすのに役立ちます。

 

▼2024年出版

 

臓器をダイレクトに温めることはできないけれど、身体を温めると全体的に良い効果があるよ、ということですね。

おまたカイロでは子宮は温まる説

【子宮や膀胱をあたためる布ナプキンのすごい効果】

繰り返し使えて蒸れにくい布ナプキンは、生理中だけでなく、日常的につけると子宮や胱をあたため、冷えを改善します。

(中略)

市販のよもぎ温熱パッドなら、子宮や膀胱、大腸にダイレクトに熱が伝わり、血流がよくなって全身があたたまります。

 

こちらは、先に紹介した本とは反対に、おまたカイロだけでなく、布ナプキンも着けるだけであたたかいと、とても褒めている本です。

 

 

「市販のよもぎ温熱パッド」

とありますが、例えばこちらのことかと思われます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fio /フィオ(@fio._.works)がシェアした投稿

結論。医師の方の意見が割れているので、素人は判断できない。

上記は、両方とも女性の医師の方が監修された本です。

他に、論文等を色々探しましたが、おまたカイロに近い話は見当たりませんでした。

 

 

(「腰や下腹部を温めると、月経痛が緩和されるよ」という論文は発見しました。)

▼参考文献

細野 恵子, 市川 正人, 田上 恭子, 井垣 通人,2010,『蒸気温熱シートによる若年女性の月経随伴症状緩和の有効性』

 

 

医師の方の意見が割れているので、素人が判断つけられることではないなと思いました。

番外編・外性器が温まっていることが重要説

中性漫画家・新井祥先生が、ご自身のコミックエッセイで、こう書かれていました。

「寒くなって気づいたことがある。

股間が冷えてると…性欲が出ない!!」

人間というのは性的興奮がおきると、生殖器に血がいきわたるもので……

ソコが冷えていたら感度も落ち…性欲が高まらないのではないか(略)」

(中略)

「やっぱ冷えてるとダメなんだな、局部は」

 

分かる〜と思いました。

まとめ。それをふまえたうえでの、私の考え。

色々調べた上で、かつ、実際にフェムカイロ(おまたカイロ)を使用した上で考えました。

 

 

今の私の考えは、

「フェムカイロ(おまたカイロ)の温かさは、さすがに子宮までは直接届かない気がする。遠すぎる。」

「とはいえ、陰部が温まっていることは、とても大切なのでは。」

「新井祥先生の書籍では『性欲』と表現されていたけれど、『生命力』なのでは。

陰部が温まっていないと、生命力がフルパワーで出せないのでは。

第一チャクラだし。」

「フェムカイロ(おまたカイロ)には、つけていてあったまる、なんとなく気持ち良い、ほっとする、という感覚がある。

今後も引き続き観察したい。」

です。

 

 

 

▼新井先生大好きなので、書籍全巻持っています♡

 

\ フェムカイロ販売中です /

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)