つらいときは「つらい~」という気持ちを満喫する。

つらいときは、良い気分になろうとしなくて良いんだよ。

つらい~だるい~って、そのまま感じればいいんだよ、という話。

生理中、良い気分になれなかった。

この間、ご飯を食べているとき。

ご飯は美味しいのに、「良い気分」になれませんでした。

 

 

生理中だったせいで。

身体がだる~って感じで。

(生理の話とご飯の話をごっちゃにしてごめんなさいw)

 

 

ごぼうのからあげ、すっごく美味しくできたのに。

参考動画:やめられないとまらないヤバい棒【無限ゴボウ唐揚げ】/料理研究家リュウジのバズレシピ

(リュウジさんのレシピ、美味しくて面白くて大好きです☺)

 

 

めんど~ご飯食べるのめんど~。

 

 

美味しいって思ってはいるのに、すべてがめんどくさい。

いつもみたいに「美味しい~~幸せ~~~😆」ってなれない。

だるい。めんどくさい。ああだるい。と。

つらい~~だるい~~という気持ちを満喫したら、ほっとした。

普段、

「良い気分でいること」

「ほっとすること」

をめちゃめちゃ意識して生きています。

それが、現実の拡大につながるから。

参考記事:心の声関連記事

 

 

普段だったら、「美味しい~~!!幸せ~~!!」っていう気持ちを満喫することが「良い気分」になっていました。

身体から、ぱああって光が出るような感覚。

 

 

でもこの日は、「美味しい~~!!幸せ~~!!」とイメージすると、

「ウ゛ッ…」

ってなりました。

 

 

心に抵抗が起こる。

心の声の方向と、思考の方向、感じようとする感情の方向が違うせいで起こる、なんかいやなかんじ。

 

 

エネルギーの方向が合っていないせいで、うまくエネルギーが放射できていないときの感覚です。

(分離感、というやつです。)

 

 

腹からわきでる感覚は「だるい~」なのに、「美味しい~~!!幸せ~~!!」という方向に感情を持っていこうとするから。

心が「ヤメテ~」「そっちじゃない~」と言っている、というサインです。

心の声をよく聞いた。自己対話大切。

心の声をよく聞いてみました。

 

 

だるい?

―だるい。

 

じゃあ、「だるい~」って思ってたらラク?

―うーん。なんかちょっと足りない。全部分かってもらえた~って感覚になりきれてない。

―美味しい~も思ってる。

 

じゃあ、「ああ、美味しい~。美味しいのに、だるい~。めんどくさい~。」って思うとどう?

―ほっとする!

―はあ~(*´▽`)(脱力)、ってなる。

 

 

心の声をキャッチできたので、

「美味しい~。美味しいのに、だるい~。めんどくさい~。」

と思いながら、ご飯を食べました。

 

 

「ああ、美味しい~。美味しいのに、だるい~。めんどくさい~。」

という気持ちを心いっぱい、身体いっぱい、満喫しました。

 

 

そしたら、すーーーーーごく気持ちがラクになりました。

身体から、ほわ~~~んと、淡く光る、良いエネルギーが出る感覚がしました。

つらいときはつらいって思うとラクだよ。ネガティブな気分を満喫しよう。

つらいときは、つらい~で良いんです。

だるいときは、だるい~で良いんです。

 

 

心の声を満喫すると、良いエネルギーが出ます。

でも、満喫する気分は、ポジティブなものでなくて良いんです。

 

 

ネガティブな感覚が湧いたなら、ネガティブな感覚のまま、満喫すれば良いんです。

 

 

ポジティブな感覚が湧いたら、ポジティブな感覚を満喫する。

ネガティブな感覚が湧いたら、ネガティブな感覚を満喫する。

普通な感覚が湧いたら、普通な感覚を満喫する。

 

 

エネルギーの方向さえ合えば、良いエネルギーが身体からぶわーっと出ます。

その感覚は、自分ではっきり分かるはず。

 

 

「どの感覚でいたら、心がラクになるかな?」

「良いエネルギー出る感覚になるかな?」

「これかな?」

「それともこれかな?」

って、感覚合わせをしながら、毎回探してみると良いです(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加