人とずっと一緒にいても、心地良く過ごせるようになった。

12月下旬から半月ほど、冬休みということもあって、旦那氏がずっと家にいた。

久しぶりに旦那氏が出勤日ということで、たぶん半月ぶりに旦那氏と10m以上離れる。

 

 

冬休み×テレワーク×コロナ禍で人と会わない×お互い引きこもり体質という、色んな要素が重なって、気づいたらこうなっていた。

半月も誰かとずっと至近距離で一緒に過ごすなんて、なかなか無い気がする。

 

 

宇宙飛行士くらいじゃないか。

 

 

それでも、ずっと一緒にいて苦にもならず、その後また別行動しても何も困らない。

一緒にいて心地良いかつ、依存もしていないなんて、最高の関わり方だと思う。

 

 

20代前半までは、「他人とずっと一緒になんていられない」「どうして結婚なんてしなきゃいけないんだろう」と思っていた。

 

 

他人といると、自分の軸が保てなくて心地が悪かった。

というより、常に心がぐらぐらしていたから、何もせずに一人でいても心地悪かった。

 

 

自分の気持ちが自分で理解できていないから、本音も言えない。

本音が言えていないから、自分と合うパートナーに全然出会えていなかった。

 

 

誰と関わっても「どうしてうまく合わせられないんだろう?」「良いパートナーシップを築ける人が正しいのに、どうして私はできないんだろう?」と、おかしな考え方をしていた。

 

 

自分で自分の心を満たすことを知らないから、他人がその人自身を満たせていないと、「分かってあげなくちゃ」「なんとかしてあげなくちゃ」と思っていた。

他人との境界線が引けていないから、いつも人との距離感がなにかおかしかった。

 

 

自分が他人と気楽にずっと一緒にいられている姿が、まったく想像できなかった。

 

 

それが今やこうですよ。

世界はまるっと変わる。

 

 

自分を満たせば、自分の輪郭がはっきりする。

誰かと一緒にいても、平穏でいられる。

自分が明確になるから、自分に合う人とも引き合う。

 

 

私と出会ってくれた旦那氏に感謝。

自分で自分を満たせるようにした、過去の自分にも感謝。

自分の満たし方を発信してくださっていた方々にも感謝。

 

 

写真は近所の公園のロウバイ。

冬でも咲く花は咲く。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の他のブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加