薬と感覚過敏。

ある日、1週間ほどスマホやテレビを見るのがつらくなった。

スワイプしたときの画面の動きがしんどい。

液晶の光がまぶしくて、見ていられない。

目の奥の上の方がズーンと痛くなる。

 

 

あと、肌が変な感覚になった。

肌に当たるインナーやパジャマの洗濯表示がかゆくてたまらない。

スマホのバイブレーションが素肌に当たると、肌が変にぞわぞわする。

 

 

何かと思ったら、薬の作用だった。

 

 

ここしばらく、PMS(月経前症候群)を軽くするために、薬を飲んでいる。

 

 

もう終わりに近づいてきたので、今は薬を減らしているところ。

病院の先生いわく、薬の量が変わったことで感覚過敏が起きたのだそう。

 

 

症状は、1週間ほどすると突然ピタっと無くなった。

(午前中はしんどくて、午後になったら大丈夫になった日があった。

その日が切り替わりのタイミングだったのだと思う。)

 

 

薬ひとつで五感がこんなに変わるのだな、と驚いた。

突然の感覚過敏で困っている人の参考になれば。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加