犬がごはんを食べない。[アニマルボディートーク]

犬へのボディートークのお話です。

うちのわんこがご飯をたべない。

最近、うちのわんこ(柴犬・1歳半・オス)があまりご飯を食べません。

 

 

おもちゃの中に入れると少し食べるのですが、すぐに食べるのをやめてしまいます。

器を変えたり、色々試しましたがうまくいかず。

 

 

旦那氏(わんこの100%出資者)が、

「ボディートークしてみてよ~」

と言ってくれたので、ボディートークをしてみました。

(私はアニマルボディートーク施術士の試験は受けていないので、うちの犬だけにたまにやります。)

犬の主張「海に行きたい!原っを走りたい!」

わんこにボディートークをしたら、こういった内容が出てきました。

 

 

「海に行きたい!砂浜だいすき!

原っぱも走り回りたい!草むらだーいすき!

 

 

でも、最近毎日最低限のルーティンしかしてない。

刺激がほしい!自然を探検したい!(街中を歩くのは怖いからいいや)」

 

 

以前はよく海に行っていました。

でも、夏場は砂浜が熱かったので連れてってあげられていませんでした。

 

 

あと、この時期はオヒシバという草が生えているのですが、わんこの毛にふれると毛がベタベタします。

ということで、草むらも避けていました。

 

 

そのせいで、わくわくする気持ちが減ってしまって、五感から受ける刺激への感受性がダウンしてしまって、

「ごはんつまんない。」

となってしまったようでした。

ペットに起こることは、家族にも言えることがある。

アニマルボディートークでは、ペット自身ではなく、「ペットを含めた家族」に対してセッションをします。

そして、ペットを含めた家族の関係性がうまくいくように調整します。

 

 

また、ボディートークでは、ミラーリングという現象が起こります。

ボディートークを受けた人に出てきた内容は、何かしらボディートーク施術士にも言える、というものです。

 

 

今回の、

「最近つまんない。」

という気持ちは、まさに私も同じように感じていたことでした。

 

 

私はものすごく暑さに弱いので、ここ数ヶ月はできるだけ家に引きこもっていました。

また、買い物も日が沈んでからささっと済ませていました。

 

 

そのため、以前は気になるお店や場所があればすぐに行っていたのですが、最近は全然行けていませんでした。

 

 

さらに、コロナ禍ということもあり、あまり友達と話せていなくて、つまんないなあという気持ちがありました。

 

 

わんこもそんな気持ちでいたのだな、仕方がないとはいえ申し訳ないな、としみじみしました。

まとめ

セッションの最後には、

「話を聞いてくれてありがとう!!!!!」

と、わんこの元気な声を感じました。

 

 

またごはんをもりもり食べてくれるよう祈りつつ、経過観察をしようと思います。

とりあえず、週末暑くなければ、わんこを海に連れてってあげようと思います。

 

\ ONLINE SHOP オープン/

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)