わんこに去勢手術を説明する?

明日はわんこの去勢手術。

わんこ、とても賢いので「手術するよ」と言ってみようか悩む。

以前、わんこがお気に入りのベッド(写真の)におしっこをしたので「洗うよー」と言ってベッドを回収したら、「どうして洗うの?!」と主張してきた。

そうだよね。

犬的には洗う必要は無いものね。

洗うのは人間の都合だものね。

.

私は「何も説明されず、自分の身体をどうこうされるのは、死ぬほど恐怖」と思ってる。

私は幼稚園と小二の時に開腹手術をしたことがある。(大したものではないです。)

小二のときは手術内容の説明をされたけど、幼稚園の時には何の説明もされなかった。

(もしかしたらされてたのかもしれないけれど、覚えてないな。)

で、突然手足を押さえつけられて手に針を刺されるわ(点滴)、知らない暗い怖いところに1人にされるわ(入院)、気を失ったと思ったら(麻酔)、身体が痛いわ縫われてるわで(術後)、散々だった。

今でも、身体を自由に動かせないのが苦手だからネイルサロン嫌いだし、成分献血をすると体調不良を起こす(一度献血センターでご迷惑をおかけした)。

.

それを考えると、わんこに何も伝えずにハイいってらっしゃい、は心が痛む。

だからと言って、「睾丸取るよ」と伝えたとして、犬的には「なんで取るの?!」ですよ。

「人間界で生きるために、申し訳ないけど少し痛いことするよ」って、「納得できないし、ただ怖い!」ですよ。

何をどの程度まで伝えるかな。

一晩検討。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加