「どうありたいか」が分かれば「何をしたいか」が分かる。

何年も、

「やりたいことを仕事にする」

を考えていました。

 

 

でも、ずっと、

「私は何をすれば良いんだろう?」

「何がしたいのだろう?」

ばかりが頭の中をぐるぐるしていて、その先がまったく思い浮かびませんでした。

 

 

でも、先日の地球グミの件で、

「私が経験したことを活かして、この地球を豊かにする。」

と腹落ちしたとき、

「そういられている自分だったら、こうしているだろうな。」

というイメージがポンポン浮かびました。

 

 

▼地球グミの話。

地球を豊かに。目線が私(I)から私たち(we)に変わるとき。

 

 

「本来、私は大勢の前で話すことが好きではない。

自分の姿や存在を、あまり人に知られたくないし、見られたくない。

静かに生きていたい。

 

 

でも、イメージの私は、大勢の前で話している。

色んな人に見られることは当然で、大きな影響力を持っている。

 

 

小さなことも大きなことも、自分が学んだことは全部何かしらの形でアウトプットをしていて、見た人から、

『助かった!』

『これを見ることができて良かった!』

『人生が楽しくなった!』

とたくさん言われている。

 

 

ああ、私の仕事の形は何でも良いんだ。

 

 

オンライン講座でもいい。

体験した感動をジュエリーにこめて、販売してもいい。

 

 

私の『アウトプット(仕事)』の形は、決める必要が無かったんだ。

自分が学んだことを地球に対して発信できれば、何でも良いんだ。

 

 

『セミナー講師になる』

『ジュエリーデザイナーになる』

みたいに、職業を決める必要は無かったんだ。」

 

 

……と気づきました。

 

 

「『何をしたいか』は、その先に目指すものがあるから決まるんだ。」

「『何をしたいか』より、先に『どうありたいか』を腹落ちさせる必要があったんだ。」

と理解しました。

 

 

自分の心が、バキバキバキッと音をたてて改変された気がして、とても嬉しくなりました。

 

 

すると、後日さらに驚くことが。

 

 

地球グミの話をした知人には、その話をしていなかったのですが、

「人は、成長をすると『何をするか』から『どうありたいか』という考えになるんです。

『どうありたいか』が決まると、逆算的に仕事が決まってくるんですよ。」

と言われたのです。

 

 

つい最近考えていたことの、ど真ん中すぎることを言われて、悲鳴を上げそうになりました。

 

 

もし今、

「やりたいことが見つからない。」

という人がいたら、ぜひ、

「この人生で、どういう自分でありたいか。」

「どういう気分やスタンスで生きていたいか。」

を考えてみてください。

 

 

それが腹落ちできたら、新しい考えが浮かんでくるかもしれませんよ。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の他のブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加