私のPMS(月経前症候群)の症状、身体面・精神面、家族との関わり方。

私は、これまで相当PMS(月経前症候群)に苦しみました。

人それぞれ症状が違うそうなので、私のを記載しておきます。

身体面の症状

身体がとてつもなく重い。だるい

力を入れても起き上がれないほどの、重だるさがあります。

「熱が出た時の方がまだマシでは?」と思うレベルです。

横になっていてもつらい

横になっていてもつらくて、でも何がどうつらいのか分からなくなります。

「うああ~うあ~」と、ぐだぐだうなりながら、ベッドの上でごろごろ悶えます。

液晶画面の光がつらくて見ていられない

私は普段スマホ依存症ですが、この時期は数分しか見ていなくても、目が痛くなって放り投げたくなります。

テレビ、PCは見ていられません。

拒食・過食

ずっと「うっぷ」という感覚で、食事が受け付けられなくなります。

 

 

かと思えば、突然過食になって、胃がいっぱいなのが分かるのに、つめこむのがやめられない、みたいな状態になります。

あと、スナック菓子とインスタントラーメンが食べたくなります。

嗅覚、聴覚の変化

私は、普段は、嗅覚と聴覚が他の人より悪い方です。

ですが、PMSの時期は嗅覚と聴覚が良くなります。

(どのくらい良くなっているのか、他の人の普通程度なのか、他の人以上なのかは分かりませんが。)

 

 

いろんな匂いを感じてしまって、鼻が混乱して、耐えられなくなります。

いつもなら気にならないような音も、つんざくように感じたりします。

味覚の変化

味がとても薄く感じたり、とても濃く感じたり。

いつもと同じものを食べても、違う味に感じたりします。

全身の筋肉が痛い

インフルエンザにかかったときのように、全身の筋肉が痛くなります。

凝ったような痛みだったり、刺すような痛みだったり、さまざまです。

朝ベッドから起きられない

普段は目覚めが良い方で、コンタクトをつけるとすぐに動けます。

でもこの時期は、まったく起きられず2時間くらい、ベッドにつっぷしています。

便秘

普段は腸が調子悪くなることはないのですが、この時期だけ便秘になります。

便秘の人の大変さを知ります。

むくみ

全身むくんでいるというか、凝っているというか。

血液・リンパ液・水分等が滞留している感覚がします。

肌あれ、ニキビ

ニキビがプツプツできます。

場所はランダム。

のぼせ、ほてり

もともと平熱が36度後半ですが、0.数度上がります。

頭もぼーっとします。

胸が張る

根本がジンジンと痛みます。

行動が遅くなる

普段はとてもせっかちですが、この時期は素早く動けなくなります。

力が入らない

この時期はあまり運動ができません。

口内炎

できやすくなります。

精神面の症状

常に絶望している

情緒「不安定」になる人、怒りっぽくなるアッパー系の人もいますが、私は安定かつダウナー系です。

「安定して」絶望します。

 

理由は無く、たとえば、天気が良ければ「天気が良い……うわああん」と嘆き、天気が悪ければ「天気が悪い……うわああん」と嘆きます。

寂しさ

寂し過ぎてどうしたらいいかわからないくらい寂しくなります。

神経質

普段なら気にならないことが、つらくてつらくて仕方がなくなります。

破壊欲、やさぐれ

地球を壊したくなったり、「もういっそ全部吹き飛んじまえよ!!」みたいな気持ちになります。

虚無感

ニヒリズムに走ります。

「生きていることに何の意味があるんだろう。ハ。」

みたいな。

愚痴を吐き散らかしたくなる。

吐き散らかしたい思いだけが渦巻いて、でも愚痴を吐くようなことは特になくて、うああ!!がるあああ!!となる感じです。

常に◯にたい

PMSの治療をする前は、生理前の10日間+生理中2日目まで、本気で常に「◯にたい」と考えている状態でした。

 

 

生理3日目くらいになるとピタッとおさまるので、

「この時期は、◯なないことだけに集中しよう。」

「14日たっても◯にたいと思ったら、考えよう。とにかく14日だけ、生き延びよう。」

「この時期の『◯にたい』はホルモンのせいだから。ホルモンのせいで自◯するなんて、正気の私は受け入れられないから。」

と、思っていました。

判断力の低下

飲酒時のほうがまだマシというレベルです。

 

 

車は普段運転しませんが、自転車も乗らないようにしています。

ひどいときは、犬のお散歩も危ないので(手がすべってリードをはなしてしまったり等)、お休みしています。

頭が働かない

本が読めなかったり、意見をまとめたり、頭を使う作業ができなくなります。

集中できなくて、放り出したくなります。(物理)

私はこの時期ブログもあまり書けません。

 

 

ずっとぼーっとしていて「あ゛ー……」という状態です。

まるでゾンビのようです。

家族、友人に対して

PMSの治療前は、旦那氏に対しては「PMSの時期は、心身ともに本当に無理だから。」と前もって伝えていました。

 

 

そしてPMSの時期が始まったら

「時期が始まったから、できるだけ近寄らないで。

あなたに負担がかかるだけだし、それはホルモンバランスの乱れのせいで、時間が経てば終わるものであって、真面目に対応するのは無駄なことだから。」

と伝えていました。

 

 

あと、Googleカレンダー(共有)には毎月の月経開始日を登録しています。

 

 

でもどうしてもつらい姿を見られることがあり、私が外から帰ってきた格好のまま、リビングの床に突っ伏して「うあああ」と泣いていたりしていました。

そんなときは、どかっと横にあぐらをかいて座って、「どうしたどうした」と優しく頭や背中をなでてくれていました。(感謝)

(私は「うああ理由が無いいい。理由が無いのに絶望の気持ちだけがふってくる。」

「幸せな日々を送っていても毎月14日間きっちり心が絶望を感じるなら、それは不幸だ。」

「そんな人生を生きていることがつらい。」

「悲しくなる理由が無い。理由も解決方法も無い。それがつらい。」

「うああああ。」と返していました。

旦那氏は、うん、うん、と相槌をうちながら、なでてくれていました。)

 

 

できるだけ、この時期には人には会わないようにしていました。

周期はぶれない

私は月経周期がほぼ変わらず、かつPMSが始まるのもほぼぴったり10日前です。

そこに異常は無いようです。

生理中の症状。3日目くらいに突然良くなる

生理1、2目は似たような症状が起きます。

でも、3日目くらいに、突然ピタッと良くなります。

徐々にではなく。

 

 

絶望して「あああああ」と泣いているときに、ピタッと止まって、カラッとした顔で「おっ、終わった終わった」と涙をぬぐう、みたいな感じです。

 

 

身体の症状は生理が終わるまで続きます。

生理痛は、痛いけれどイブプロフェンを摂れば、まあ動ける程度です。

まとめ。症状は人それぞれ。全部正しい

症状は人それぞれです。

ご自身の症状が、本・論文に載っていないことだったり、他の人にはないことでも、それは十分ありえることです。

 

 

「私が気にしすぎなのかな」

なんて、心配なさらないでください。

あなたしかつらいと思っていなくても、つらいものはつらいで、正しいのです。

 

\ フェムカイロ販売中です /

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)