心療内科の先生の言葉が嬉しかった話[性の悩みの相談]

心療内科の先生の言葉が嬉しかった、というお話です。

 

 

今はPMSの件は、女性の心療内科の先生にお世話になっています。

参考記事:[PMS改善]セロトニン薬の素晴らしい効果と意外な副作用まとめ。

 

 

その先生に、副作用の「性機能障害」の話を相談しました。

  • 薬の副作用で性機能障害があること。
  • 旦那氏とのパートナーシップにいくらか影響が起きていること。

 

 

私は、

「なんかすみません、ご相談するお話がこんなお話で。」

と、あはは~と苦笑するような雰囲気でお伝えしました。

 

 

すると、先生は、

「大事なことです。」

パートナーシップに関わることですから、と。

静かに真面目に、うん、とうなづくような雰囲気で言ってくださいました。

 

 

あったかい。

その言葉がとても嬉しかったです。

 

 

▼具体的に相談した内容に関しては、こちらに書きました。

性機能障害をお医者さんに相談したときの、内容全文。[有料記事200円]/note

※無差別に不特定多数の色んな方の目に触れるところに、置くのはさすがにちょっとな~、と感じたので有料記事にしました。

 

\ フェムカイロ販売中です /

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)