[PMS改善]セロトニン薬の素晴らしい効果と意外な副作用まとめ。

セロトニンという、大切な神経伝達物質があります。

PMS改善のために、私はいくつかセロトニンを調整する薬を処方していただきました。

 

 

すると、PMSの色んな症状が良くなりました。

実際にセロトニン薬を飲んだときの効果と、意外な副作用についてまとめました。

私が飲んだもの。

私が飲んだものは、こちらの記事に詳しく記載していますので、こちらをご覧ください。

 

 

▼詳細はこちら。

参考記事:私のPMS(月経前症候群)に効果があった方法4つ[人生が180度変わった]

効果1。PMS、PMDDがとてつもなく良くなった。

あれだけ苦しんでいたPMS、PMDDが素晴らしく改善しました。

本当に人生が変わりました。

 

 

(私はその後、漢方薬に出会うことで、二度目の転機が訪れます。)

参考記事:つらいPMSが治った。桃核承気湯の素晴らしい効果とひどすぎる副作用。

参考記事:私のPMS(月経前症候群)の症状、身体面・精神面、家族との関わり方。

効果2。気象病が良くなった。雨、気圧、満月新月の体調不良など。

PMS、PMDDとともに苦しんでいた、気象病が良くなりました。

 

 

以前は、

  • 気圧の変化
  • 雨、風、台風など天気の変化
  • 満月、新月

などで、体調が崩れていました。

 

 

例えば、以前は日本列島の近くで台風ができ始めると(主にフィリピン沖)、船酔いのような状態になったり。

天気が崩れると、身体が痛くなったり、だるくなったり、頭がぼーっとしたり。

 

 

セロトニン薬を飲むようになってからは、かなり緩和されました。

三半規管の問題だと思っていたので、セロトニン薬で良くなって驚きました。

意外な副作用。性欲低下、勃起機能不全、射精障害等の、性機能障害。

薬の副作用でよくあるのが、「眠気」だと思います。

私が飲んでいる薬も、結構眠くなりました。

 

 

ただ、それとともに、意外だったのが性機能障害でした。

  • 性欲低下
  • 勃起機能不全
  • 射精障害

 

 

女性におきかえると、つまり、

  • 性欲が起きない
  • 濡れない
  • イケない

ということです。

 

すべてのセロトニン薬がそうではないようで、一部の薬にそういった副作用があるようです。(例:セルトラリン)

セルトラリンの副作用の中で、比較的多いのが性機能障害です。具体的には、性欲低下、勃起機能不全、射精障害などが認められると言われています。

中々相談しにくい副作用でもあり、報告されている割合以上は困っている方もいると思いますが、約80%程の患者さんに現れる可能性があると報告されています。

引用:セルトラリンの効果や副作用についてご紹介/ひだまりこころクリニック

 

まとめ。効果抜群で大変助かった。ただ、性機能障害はかなりつらい。

セルトラリン薬、効果が抜群で、本当に助かりました。

人生が変わりました。

 

 

ただ、副作用である性機能障害は、パートナーがいる場合は結構しんどいです。

コミュニケーションの障害にもなるのでなかなか難しい問題です。

 

 

今は、セルトラリンを別の薬に変えてみたりして、色々試してみています。

乞うご期待。

 

\ フェムカイロ販売中です /

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)