つらいPMSが治った。桃核承気湯の素晴らしい効果とひどすぎる副作用。

PMS改善のために、

「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」

という漢方薬を飲んでいます。

(2023年10月から)

 

 

この桃核承気湯の、素晴らしい効果と、とてつもない副作用をまとめました。

桃核承気湯の効果。PMS時期のあらゆる不調が綺麗に消える。

体力があって血の気が多いタイプ(漢方では「実証」と呼ぶそう)な人に対する代表的な漢方です。

滞った血液の循環を良くし、不安定になった気の流れを整える効果があります。

【血液の循環をよくしてイライラや不安感を鎮める】

体力があってがっちりタイプの、「実証」の人に対する代表的な「駆瘀血剤」(瘀血を改善する薬)です。(※瘀血…血の滞りが悪くなっていること。)

のぼせ気味、便秘がちで、「気逆」をともなう人に向きます。(※気逆…働きが不安定になり、身体の上方に突き上がっている状態)

 

具体的には、頭痛、イライラ、不安、不眠、便秘などがある人の、月経異常や更年期障害、月経時や産後の精神不安の治療などに用いられます。

(中略)

腰痛、肩こり、神経痛などでも、「瘀血」があれば、この薬で痛みが楽になることがあります。

 

「桃核承気湯が向く人」の箇所に、

  • 体力があり、のぼせ気味な人に向く。
  • 主な症状:めまい、肩こり、腰痛、便秘、頭痛、イライラ、不安不眠、のぼせ、顔面硬直、関節痛、神経痛

とありました。

 

 

「全部私のことじゃないか!!」

「全部同じ原因から来ていたのか!」

と感動しました。

 

 

(ちなみに、私に合わなかった「当帰芍薬散が向く人」の箇所には、やはり私に該当しないことばかり書いていました。

「やせていて顔色の悪い、冷え性の人に向く。貧血傾向、足腰の冷え、むくみ、色白、顔面蒼白等。」

私は、全部該当しません。。。)

桃核承気湯の副作用。激しい下痢。

桃核承気湯の副作用は、激しい下痢です。

東洋医学では、下痢は良いこと、便秘は悪だそうです。

 

 

私は最初は半袋飲んだだけで、数分後に強い腹痛が起こり、お手洗いにダッシュしました。

しばらく飲み続けていると、徐々に身体に慣れてきて、1日3回フルで飲めるようになりました。

 

 

でも、ある程度下痢をすることは変わらず、この時期は漢方による腹痛と生理痛による腹痛が重なります。

長距離のローカル電車に乗ることは控えています。

 

 

ただ、桃核承気湯はPMSの期間だけ飲んでいるので、下痢の副作用もその時期だけです。

 

 

この時期だけ、旦那氏とお手洗いの取り合い、譲り合いになります。

旦那氏「その時期だけ、フィーバータイムってことね!」

そうです。

まとめ。桃核承気湯、おすすめです。

体力があって血の気が多いタイプ(実証)で、PMSや月経異常にお悩みの方、ぜひお試しください。

 

\ フェムカイロ販売中です /

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)