生活習慣が乱れてメンタルを壊した。心の健康は日光と血行から。

オーラに空いた穴をふさごうとしたら、生活習慣が乱れてメンタルを壊した話。

(※もう回復して、心も身体もぴんぴんしてます٩( ‘ω’ )و)

 

昨年2019年の9、10月頃のことです。

突然オーラに穴が空いて、エネルギーが吹き出しました。

参考記事:突然オーラに穴が空いて、エネルギーが吹き出した。[転換期の話]

 

怖くてたまらなかったので、「とりあえず穴をふさがなきゃ…!」って奮闘しました。

 

よく視てみると、横隔膜の左のあたりから、「過去に溜め込んだ感情」が吹き出しています。

ありとあらゆるネガティブなもの、主に、自分が溜め込んでた感情と、他人の念でした。

参考記事:なぜか困難に自分から突っ込んでいってしまう原因が分かった[ボディートーク実体験]

 

以前からちょくちょく「過去に溜め込んだ感情」が出てくることはありました。

そうなると、私は横隔膜の動きが悪くなって、息がしづらくなります。

 

そういうときは、自分でマインドフルネスをしたり、自分で自分にボディートークをしたり、別の方からボディートークを受けて、数日以内に解消できていました。

参考記事:過去のトラウマを浄化する。(マインドフルネス)

 

でもこのときは、すぐに解消できなかったのです。

いつもの1億倍くらいの「感情」が一気に吹き出してて、マインドフルネスをしても、自分で自分にボディートークをしても、解消が追いつきません…!!

 

「多分、ある程度出しきらないと、穴はふさげない…勢いが強すぎる。」

って思ったので、しばらく集中して、感情の断捨離をすることにしました。

 

ボディートークを9、10月で4回くらい受けました。

 

でも、穴はまったく閉じません…。効果が無いのではなくて、

「ちゃんと感情は解消できてるけど、また次のものが出てくる。」

という感じでした。

 

朝から晩まで、時間が空いてるときはずっとマインドフルネスをしていました。

お手洗い中もお風呂中もやってました。

 

それまで、週2くらいでランニングをしてましたが、時間がもったいなく感じて、一時中断しました。

というより、マインドフルネスをすると疲れ果てて外に出る気も無くなっていたのです。

 

日光にあまり当たらない。運動もほとんどしない。

そんな状態でマインドフルネスを続けて1ヶ月半ほどした頃、変化が起きました。

 

突然、メンタルが壊れました…!!

発狂して、叫びそうになったのです。

 

「室内にいるのが怖い!」

「窓から誰かが入ってきて、殺される!!」

「外に出るのも怖い!!」

って、被害妄想で、恐怖で頭がいっぱいになりました。(今なら笑えますが。笑)

 

 

オーラに穴が空いた直後は、「怖い!」って思ったけど、ちゃんと理性は保ってました。

でも、このときは、恐怖で理性が吹き飛んで、発狂しておかしな行動をとりそうになりました。

 

旦那さんと父に、

「メンタルが壊れそう!!自分の力じゃどうにもできないレベルにきてる!!」

と伝えて、後日、心療内科にダッシュです。

 

結論、メンタルが壊れた原因は、日光不足と血行不良でしたorz(単純)

扁桃体が過剰に反応して、恐怖を感じてしまっていたようです。

 

薬を処方していただいたら、すぐおさまりました。

(「セルトラリン」と「ロフラゼプ酸エチル」という抗不安薬で、セロトニンを正しく働くようにしたりする薬です。)

参考記事:抗不安薬の効き方。扁桃体の過剰反応を抑えて安心感で上書きする。

 

あまりに簡単にパニックがおさまったので、

「身体って大事だ…!!」

「セロトニン大事だ…!!」

って痛感しました。

 

 

セロトニンと血行がしっかりしてないと、気持ちは簡単にもっていかれます。

 

メンタルケアをするなら、まず日光浴と運動をしっかり!!

運動が苦手なら、ヨガでもストレッチでもサウナでもマッサージでも良いです。

 

まず生活習慣を整える。メンタルケアはそれからです…!!

身体の健康が身にしみた出来事でした。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶プロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加