転換期は災難つづき。怪我、病気、知人の死、臨時出費…時間がたてば自然に落ち着く。

転換期は災難が続くけど、時間がたてば自然に落ち着くから大丈夫だよ、というお話。

 

昨年9、10月にメンタルを壊した後、立てつづけに災難にみまわれましたorz

(※もう回復して、心も身体もぴんぴんしてます٩( ‘ω’ )و)

 

参考記事:生活習慣が乱れてメンタルを壊した。心の健康は日光と血行から。

 

 

9~11月上旬まででこれだけのことが起きました…。

「福岡に逃走」や「家出」は、自分で起こしたとも言えますが、メンタルを壊していたせいで制御しきれなかったというか。

普段の自分だったら、絶対にしなかったことでした。

 

「なんでこんなに災難が続くんだ…」

「いったい何が起きてるんだ…」

って、混乱でいっぱいでした。

 

でも、しばらくして理由が分かりました。

 

10月下旬ごろ、バスに乗ろうと小走りをしたときのことです。

思いっきり左足首を捻挫しました。

痛すぎて死ぬかと思いました。むしろ折れたと思ったくらいです。

今までの人生の中で、ぶっちぎちで一番痛い捻挫でした。

 

でも、これでやっと気づきました。

「これ転換期だ…!!(涙)」

って。

 

前にボディートークの講座で、先生が「ボディートークを始める前に、ひどい捻挫をした」とおっしゃっていたのです。

 

肝臓が「怒り」の臓器と言われるように、怪我や病気は、場所によって意味があります。

”足首”には「人生の方向性」「一歩踏み出す」

”左”には「未来」「将来」

という意味があるので、

 

左足首なら、

「これからの人生の方向性を変える」

という解釈になる、とおっしゃっていました。

 

(足首・左には、他にもいろんな意味があるので、時と場合によって解釈は変わります。)

 

▼こういうお話はこの講座で学びます。
ボディートーク上級講座「意識の原理」/ボディートークジャパン公式サイト

 

自分自身も思いっきり捻挫をしたことで、

「なるほど…これが例のアレか…!!」

「災難続きだったのは転換期か…!!」

と納得できました。

 

納得してすっきりはしたのですが、痛かったです…ほんと。

(これも、もう完治してます٩( ‘ω’ )و)

 

転換期は、いろんなことが起きるようです。

  • いろんなことがうまくいかなくなる。
  • 電化製品が壊れる。
  • 身近な人との別れ。
  • シンクロが起きる。
    (ほしいと思っていたモノをプレゼントされたり、同じ数字や文字を何度も見たり。)

そういえば最近、

  • 給湯器
  • ルンバ
  • 玄関の鍵

色々壊れてます。

 

他にも、眠くてたまらなくなるとか聞きますね。

 

いろいろ続くと不安になりますが、安心して大丈夫です。

(ただ不注意が重なってるとかでなければ。)

 

運気が好転する前に、一気にたくさん悪いものを出してるだけです。時間がたてば落ち着くので、それまで待ちましょう。

渦中にいるときは、怖いですけど…!!

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶プロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加