スイーツがたくさん食べられなくても、ヒルトンのストロベリービュッフェに行って良い。

私、以前から、

ヒルトンのストロベリービュッフェ

行きたいと思ってました。

 

あのいちごづくしの可愛い空間を

体験してみたかったのです。

 

でも、普段私は、

甘いものは好きですが

量が食べられません。

 

ケーキは2個食べたら、

「うっぷ」ってなるくらいです。

 

なので、ストロベリービュッフェも、

 

「行きたいけど、

スイーツをたくさん食べられない私は、

行く資格が無い」

 

「割に合わない」

 

「単品でケーキを買った方が良い」

 

と思って、

行ってませんでした。

 

ちなみに、

「ビュッフェに1人で行くのは恥ずかしい」

というブロックは

元々ありません。

 

よく、

1人海外や1人焼き肉に行ってたので、

そこは耐性がありました。

 

最近、

心の声を細かく叶える習慣が

ついてきたので、

「ストロベリービュッフェ行きたい」

という気持ちを却下せずに、

自分の心を深堀りしてみました。

 

『たくさんスイーツを食べられないのだから

スイーツビュッフェに行っちゃいけない』

って思ってるんだ。

 

じゃあ、私が

スイーツビュッフェに行って、

どんなデメリットがあるの?

 

少ししか食べずに、

5000円弱払う。

結構割高になるね。

 

でも、

それだけだよね?

お店に迷惑かかるわけでもないよね?

 

むしろ少ししか食べないのに

他の人と同じ金額を払ってくれる良い客だねー!」

 

なんだ。

どうってことないよ!

って気づけたのです。

 

ので、

一番近い日程を予約して、

ついに行ってきました(*⁰▿⁰*)

イエーイ!笑

念願の、

ストロベリースイーツビュッフェ!!

嬉しいー!猫の肉球かわいいー!!

 

まあ結局、食べたのは、

この2皿だけでしたよ。笑

しかも途中で

やはり気持ち悪くなってしまって。

 

この2皿さえ

ポテトとスープをはさみつつ

ようやく完食しました。

私の横にいたお姉さんは、

お皿山盛りいっぱいを何往復も食べてました…。

すごい…。

 

 

行きたかった場所にやっと行けて、

大変満足でした。

 

またひとつ

自分の中の制限が無くなって、

またひとつ

自分の頭の中が変わったのが

とっても嬉しかったです。

 

また一段階、

自分の範囲が広がった

感覚になりました。

 

「スイーツがたくさん食べられなくても、

スイーツビュッフェに行って良い。」

 

昨日よりも一段息が吸いやすいです。

自分の枠をどんどん外して、

生き方をどんどん自由にしていきます。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加