自分に優しくすると、世界が自分に優しくなる。自分を否定すると、世界が自分を否定する。ただそれだけ。

先日のセミナーは、とにかく私の自己満足を満たすために開催したものだった。

参考記事:楽しいことは雪だるま式。「これやりたい!」を叶えると次の願いが降ってくる。

 

「セミナーやりたい!」

「マジックハンズの解剖生理学の通信講座、すっごく楽しかった!」

「楽しかったって気持ちをどこかに出したい!」

「私の欲求を満たすために付き合ってくれる人(お客さんになってくれる人)、いませんか~」

っていう感覚。

 

もし誰も来なかったら、セミナー練習がてら当日会場で一人セミナーしようと思ってた。

(どこの不思議ちゃんかな。)

 

 

スライドは、自分が好きなデザイン炸裂で。

内容は、講座を受ける前に自分が知りたかった内容てんこもり。

 

もし私がセミナーを見たら、

「キャアアアアアステキイイイイ!!!!(*♡∀♡*)」

ってなる物を目指して。

 

 

とにかく、自分の欲求を満たす。

お客さんは少し前の自分。

 

自分に集中。

自分に集中。

 

自分に集中しさえすれば、

自分を満足させてあげさえすれば、

 

周囲に流れ弾が当たるんだッッッ!!!

エネルギーの渦を巻き起こせるんだッッッ!!!

 

って思いながら準備した。

 

 

そしてセミナー後には、嬉しいお言葉をたくさんいただいた。

 

「えっそんな、いたれりつくせりしてくれるの?」

「まじか…。ここまでしてくれるんだ…って思った。」

「(あなたは)惜しみなく与えてくれる」

「惜しみなく提供してくれる」

(↑「惜しみなく」という言葉、二人からいただいた。)

 

おおーってなった。

 

 

過去の私は、自分に配慮することは1mmもせずに、他人に全精力を注いでいた。

(アダルトチルドレン克服前の話ですよ。)

 

とにかく周囲の人に気遣って気遣って、貢献して貢献して、尽くして尽くして、みたいな生き方だった。

自分をないがしろにして、自分を犠牲にして、ボロボロになってまで他人の満足感を追い求めてた。

(抵抗しても毒母からの虐待が止まらなかったので、毒母の機嫌をとりさえすれば、自分の安全が確保されると勘違いした。

そして定着してしまった。)

 

でも、毒母をはじめ、他人からの反応はキツイものばかりで、

「どうしてこれやってくれないの!!」

「こんなこともできないのね!!」

「もっとこうしなさいよ!!」

みたいな、さらに重荷を課すような暴言をたくさん浴びせられ続けてきた。

 

どれも重箱の隅をつつくようなことばかりだった。

過剰な要求のオンパレードだった。

 

全力を尽くして、自分しかできないスキルでチームを支えたときに、

「ねえ、今日あなた働いた??(←この人は、嫌味じゃない。本気で言ってる。)」

って丸ごと無視されて、愕然としたこともあった。

(成果が認められたのは退職後だった。)

 

 

なので、常に、

「私はどこまでやったら認められるの…?」

「どこまで頑張ればいいの…?」

「えっ…私はこんなに身を粉にしてても罵倒されてるのに、何もしてないあの人は、どうして可愛がられてるの?優しくされてるの…?なんで…?(例:弟)」

「どうして私だけ、合格点が絶望的に高いの…?こんなに求められるの…?」

ってゼエゼエよろよろしていた。

 

 

一方、自分が好き放題やったことが周囲から大絶賛されたり、感謝されたりして、

「なんか…喜ばれてる…」

って思ったこと、よくあった。

 

 

宇宙理論を知って、それまで、

「理不尽だ…」

「ありえない…」

「この世界はおかしい…」

と思ってたあらゆる現象に、初めて筋が通った。

 

「自分に優しくすると、世界が自分に優しくなる。」

「自分を否定すると、世界が自分を否定する。」

「行いが良いか、悪いか、正しいか、間違ってるかじゃない。」

シンプルにこれだけなんだって理解した。

 

「とにかく自分を満たすんだ。」

「とにかく私が良い気分でいられるように。」

「もう他人の目はすべて無視するんだ!!」

って徹した。

 

 

そしたらこれですよ。

この反応ですよ。

いただきましたよ。

 

むふふ。

 

思いましたね。

 

勝ったぜ。

(宇宙の真理にね。笑)

 

”あなたが良い気分でいること以上に大切なものは何もない。”

これだけですよ。

忘れないでね。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶プロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加