ドーナツは一度に2つまで。[ブロック解除]

昨日ミスドを食べた。

なぜか今日も食べたくなった。

インドカレーの件があったので、「思い浮かんだことは、すぐに実行」と、すぐ買いに行った。

そうしたら、ドーナツを買うだけでも、自分の中に色々ブロックがあることに気づいた。

(小っさすぎる話で恥ずかしいです。でも書く。)

昨日食べたのだから、今日は食べない。

買いに行く前、「昨日も食べたのに、今日も食べるの?」と思った。

自分の中にある「同じものは連続して食べない」というすりこみに気づいた。

多分、気づかぬうちに「毎日違うものを食べるのが普通」という日本の常識に縛られていたのだと思う。

豊かな国でも貧しい国でも、そういう国ばかりではないのにね。

心をより自由にしたいから、このすりこみはポイッと捨てることにした。

家族に何か言われるかも。

旦那氏に「ドーナツ買いに行くけど、いる?」と声をかけようとした。

でも「えっ、また?」って言われたら面倒だなあ、と躊躇してしまった。

イートインで食べて、何も食べてナイヨ、という顔して帰れば良いのかな。

でも家で食べたい気分だな。

というか、「本当は家で食べたいけれど、家族に何か言われるかもしれないから、お店で食べる」と、選択肢が減るのはきゅうくつ。

誰かに何か言われても気にせず、自由に好きなことができる自分でいたい。

ということで「家族に何か言われないように」より「自分がしたいようにする」に慣れるために、旦那氏に「何かいる?」とLINEをした。

そしたら、

「カスタード的ななにかを二つくらいお願いします!!!」

と、元気なLINEが返ってきた。

杞憂だったよ。

「ドーナツは一度に2つまで」

お店に行ったら、いいなと思うものが4つあった。

でも、これまた自分の中に「ドーナツは一度に2つまで」という思い込みがあることに気づいた。

これは小さい頃、母に言われていた言葉。

たしかに、私は一度に2つまでしか食べられない。

でも、3つ以上ほしいものがあるなら、買えばいいじゃない。

残ったら、次の日食べればいいじゃない。

それでも残ったら、冷凍すればいいじゃない。

(ケーキもドーナツも冷凍できます。ケーキを冷凍したことはないですが。)

(やっぱり、詳細を説明すればするほど、話が小っさすぎて恥ずかしいです。)

母からは「絶対に2つまでしかだめ!」と、強く制限されていたわけではない。

でも、自然にすりこまれていて、自分の選択の幅をせばめていた。

ちなみに「パンは、お惣菜系1つ、甘いの1つ。」と言われていた。

なんだか、最近無性にドーナツが欲しいのは、今まで「2個まで」と制限をしていたせいでは?

抑えられた欲求のリバウンドが起こっているのでは?と思った。

……

買ったドーナツは、自分の分は結局4つ。

ドーナツを買う、ただそれだけのことなのに、色んな発見があった。

 

\ ONLINE SHOP オープン/

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)