めんどうくさいことをやると人生が回る。世界が回る。

「めんどうくさいこと、気が重いこと、怖いことをやると、人生が回る」

というお話です。

「ときめくこと」をやると人生がまわる、ということは知っていた。

私は、「ときめくこと」をやると、人生が回るということは知っていました。

なので、ときめいたことは、全部実行に移していました。

 

 

▼気になっていたものを食べたら、色々ひらめきました。

参考記事:頭の中に来たものは、全部出す。

 

気になっていたものを買ったら、価値観が変わりました。

参考記事:地球を豊かに。目線が私(I)から私たち(we)に変わるとき。

 

気になっていた漫画を読んだら(弱虫ペダル)、ロードバイクにハマって、旦那氏に出会いました。

参考記事:しんどい友達・恋人との縁を切ると新しいご縁が入ってくる。私はしんどい友達と離れたら結婚した。

「やりたくないこと」をやっても、人生が回るということを知った。

でも、ときめくことだけやって、やりたくないことを全部やめたら、無気力になりました。

参考記事:ときめくことだけやって、やりたくないことをやめると無気力になる。

 

 

やりたくないことをやっても、人生が回るということを知りました。

 

 

そういえば、クライアントさんへのボディートークセッションでも、同じようなことがありました。

冷蔵庫の中の整理をしたら、やりたい仕事が見つかったり。

参考記事:[初心者CBPの教科書Q-12]フォーミュラの説明に悩む。

「気になることをやる」が正しかった。

おそらく、「ときめくこと」をやると人生が回るでは、理解が足りなかったのだと思います。

正しくは、「気になること」をやると人生が回る」、だったのだと思います。

 

 

「気になること」には、ときめくこと以外にも、こういったものも含まれています。

 

気になること

  • ときめくこと
  • めんどうくさいこと
  • 気が重いこと
  • 怖いこと
  • やりたくないこと
  • 無駄に見えること
  • それやって何の意味があるの?と思うこと
  • できるか分からないこと
  • 現実的ではないと思うこと

etc…

 

 

そして、「気になること」は完了しない限り、ずっと心の中に残ります。

むしろ「気になること」をやらないと、人は生きられないのでは?

「むしろ、こういった『気になること』を完了していかないと、私たちは生きられないのでは?」

と思いました。

 

 

「気になること」を放っておくと、生命力が減ります。

人生に対して受動的になっていきます。

 

 

やりたくないことをすべてやらなくなって、無気力になった人います。私です。

(再)参考記事:ときめくことだけやって、やりたくないことをやめると無気力になる。

 

 

人間は魂のレベルを上げて、より光り輝く存在になるために生まれている、という説があります。

そして、より光り輝く存在になることを、ボディートークでは、「エンライトメント」と呼びます。

 

 

もし、人間がエンライトメントをするために生きているのだとしたら、

エンライトメントをしない
=人間の営みを放棄している状態
=人間を生きることを放棄している状態
無気力・うつになる

ということなのでは、と思いました。

 

 

極論、

「エンライトメントをするために生きている」

というより、

「エンライトメントをしないと生きられない(=生きるための生命力が保てない)」

のでは?と思います。

(実際、私は保てませんでした。)

 

 

あと、こういった「気になること」をやらないと、永遠に死ねないのでは、とも思います。

 

 

もしかしたら、前世までの未完了のタスクがあるから、また生まれて未完了に取り組むのでは、と。

つまり、今世で未完了があるなら、来世に繰り越しすることになるのではないかな、と。

 

 

ちなみに私の記憶が確かなら、私は「人の優しさを知りたい」という課題があったから生まれてきたわけです。

参考記事:私の生まれる前の記憶。私は自分で毒親家庭を選んだ。[スピリチュアル]

 

 

未完了を完了させるために、生まれてきたというべきなのか。

未完了があったから、生まれてしまったと言うべきなのか。

良いことか悪いことかは、分からないですが。

 

 

何も未完了が無かったら、人は生まれないのでは、と思います。

タスクがめんどうくさいのは、変化に抵抗しているから。

「気になること」がめんどうくさいのは、単に「人間は変化を嫌う生き物だから」です。

めんどうくさい、気が重い、怖いという感情は、変化への抵抗です。

 

 

「見知らぬ天国より、見知った地獄」が好きなのです。

コンフォートゾーンを出たくないのです。

 

 

  1. その行為自体に慣れていないから、抵抗を感じる。
  2. そのタスクを完了をした後に、新しい景色が待っているから、それに抵抗を感じる。

 

 

でもきっと、そういった抵抗の気持ちが強ければ強いタスクほど、それを完了したら大きく進化するのだと思います。

進化は変化です。

 

 

タスクに抵抗感じたときは、

「しょうがないなー私は人間だからなー変化を嫌う動物だからなーしょうがないなー」

とぼやきながら、取り組めば良いのだと思います。

これをやって何の意味があるの?は考えない。

「気になること」の中には、「これをやって何になるのだろう?」と思うものもたくさんあります。

でも、「何の意味があるの?」は、考えなくて良いのだと思います。

 

 

私は、自分の世界の神様は自分であって、「肉体を持っている三次元の自分」より、「もっとメタな位置から俯瞰的にこの世を見ている自分」がいると思っています。

(Aさんの世界の神様は、Aさん。

私の世界の神様は、私。)

 

 

※以下、

  • 「肉体を持っている三次元の自分」
    ミクロの自分
  • 「もっとメタな位置から俯瞰的にこの世を見ている自分」
    マクロの自分

と書きます。

 

 

そして、生まれる前の人生設計も、「ミクロの自分」の進路調整も、「マクロの自分」が決めていると思っています。

なので、「気になること」というのは、「マクロの自分」が人生を俯瞰的に見て、「これをする必要がある」「これが一番最短距離」と考えて設定したこと。

だから、「ミクロの自分」が分からないことも、たくさんあるはずだと思うのです。

 

 

そして、進むべき方向に気づくために、「気になる」というセンサーがつけられています。

 

 

例えば、私にはメジャーリーガーになる人生設計がされていないので、「野球」には特に心が反応しません。

もし「マクロな自分」が、メジャーリーガーの大谷選手のようになるよう設定していたら、私の「気になること」の中に、野球が入っていたでしょう。

まとめ。気になることは全部やる。

ときめくこと以外でも、気になることは完了していってみましょう。

 

 

  • めんどうくさいこと
  • 気が重いこと
  • 怖いこと
  • やりたくないこと
  • 無駄に見えること
  • それやって何の意味があるの?と思うこと
  • できるか分からないこと
  • 現実的ではないと思うこと

全部。

 

 

人生が回るのを実感できるはずです。

 

\ フェムカイロ販売中です /

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)