人は変化するから大丈夫だし、変化しても大丈夫だよ。

旧ブログのリンク切れを修正してたとき。

(リンクが切れてたりするから、たまにチェックしてるんだ。)

参考リンク:ジブンクリエイト(旧ブログ)

 

いくつかブログ記事を読みながら、

「あーー以前はこう思ってたんだっけ…。

でも今はこうは思ってないよーーーー。」

って感じた。

 

今と昔と、意見が変化してる。

 

私一人でさえ、

「過去の自分と気が合わない」

って思うんだもの。

 

そりゃ当時気が合ってた友達と合わなくなっても当然だよなあ、って感じた。

 

ブログ記事、書き直したいーーーって思った。

 

でも、同時に、

「触っちゃだめー!」

って感覚も出てきた。

「旧ブログは、触らずにこのまま置いておいて。」

って。

 

なんでさ。

今思ってないことが、ネットで公開されてるのってちょっと恥ずかしいんだよ…。

 

よく分からないなあ…と思ったけど、感覚を大切にしようと思って結局書き直さなかった。

 

 

少し経ったある日、久しぶりに加藤諦三さんの著作を読んだ。

 

加藤諦三さんの本は、アダルトチルドレン克服のときに本当にお世話になった本。

 

当時、どの本を読んでも、心の深い部分をすみずみまで理解してもらったような感覚で、

「分かる…分かる…そうなんです…

そう感じて、つらかったんです…!!」

って本当に癒やされた。

 

なんでこんなに私の気持ちを代弁してくれてるんだろう!

それまで全然良い本に出会えなくて、ずっと苦しくてたまらなかったのに。

こんなにも的確に心を汲み取ってくれる本があったなんて。

ありがとう!本当にありがとう!!

っていう気持ちだった。

 

が、なんと、久しぶりに読んだら、

全然文章が入ってこない…。

 

あんなに、共感の嵐だったはずの文章が。

頭のはるか上をスーッと滑っていく。

 

最初の数ページを読んで、閉じてしまった。

 

 

ブログの文章を書き直しちゃいけないのって、こういうことなんだなって思った。

 

 

私は、あのブログを、

「自分は生きづらさで死ぬほど苦しんだ。

さらに良い克服法が無くて、何重にも苦しんだ。

同じように悩む人が救われるように、私のメソッドを誰でも見れるところに置いておきたい。」

って思って作った。

 

今の私の感覚で書き直してしまったら、アダルトチルドレン克服前後の人の心に響かなくなってしまう。

当時の志が、かき消されてしまう。

 

だから、

「旧ブログを触らないでー!」

「修正しないでー!」

っていう感覚が来たんだなって。

 

(きっと加藤さんも加藤さんで、変化していらっしゃるのだろうなとも思った。

著作、大変お世話になりました。)

 

 

人は変化する。

 

だから、

 

今悩んでることだって、どうってことなくなる日が来るから大丈夫だよ。

人は変化するのだから、友達と気が合わなくなっても大丈夫だよ。

自分の意見が変わって、昔の自分と矛盾してしまっても、大丈夫だよ。

 

人は変化するから大丈夫だし、変化しても大丈夫だよ。

 

▼すごく好きな本。どんどん進化していこう!

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶プロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加