商品の魅力は、売る人の商品愛。

商品の魅力は、売る人の商品愛だと感じた話。

お気に入りのジェラート屋さんが、突然魅力的に見えなくなるという現象。

以前近所に、お気に入りのジェラート屋さんがありました。

 

 

どのジェラートも魅力的で、私は毎日そこのインスタをチェックしていて、新作が出たらすぐに食べに行っていました。

でも、そこのジェラートが、ある日突然魅力的に見えなくなる、という現象が起きました。

 

 

(トップの写真は別のジェラート屋さんのものです。)

商品愛にあふれる店長のお兄さん。

以前、そのジェラート屋さんの店長は、気さくなお兄さんでした。

 

 

自社商品愛にあふれていて、よく、

「新作のこれ、美味しいんですよ~~~♡」

「これをトッピングすると、すごく合うんです。」

などと、うっとり顔で説明してくださっていました。

 

 

でも、そのお兄さんは、最近退職してしまいました。

 

 

私は、お店の方からそう聞いて、

「そうなんだ~。まあ他のところでご活躍されているんだろうな~。」

と軽く受け止めていました。

お店の雰囲気が、なんとなく変わった。

けれどある日、以前のような熱を持ってジェラート屋さんのインスタを見られていないことに気付きました。

 

 

なんだか、ジェラートも以前ほど美味しく感じられません。

ジェラートは別の場所で作っているので、ジェラート自体は変わっていません。

 

 

あれ?

そういえば、店の空気感も少し変わったかもしれない。

 

 

以前は、温もりがありつつ、凛としたプロ意識を感じていました。

でも今は、なんとなくごちゃついている気がします。

 

 

色々、連鎖的に気付いてしまいました。

 

 

(ついでに余計なことを言うと、お兄さんの退職後に、私がSNSにアップしたジェラートの写真が知らない間にお店のメニューに使われていたことがありました。

写真が使われていたこと自体は気にしていないのですが、

「そんなお店だったっけ……?」

「今ここは、そんなことが起こる社内環境なのだな……!」

と少し驚きました。)

ジェラートの魅力は、お兄さんの商品愛だった。

色々気づいていった結果、

「ああ、ジェラートの魅力は、お兄さんの商品愛だったのだな」

と理解をしました。

 

 

お兄さんから商品に注がれた愛が、商品から発せられていて、それが見る人を魅了していたのだと思います。

きっと、お店の細部や、空気の温度感も、そのお兄さんの商品愛から良い影響を受けていたのでしょう。

自分が商品を作るときは、たっぷり愛情を注ぎたい。

商品の魅力は、売る人の商品愛。

なら、自分が商品を売るときも、商品にたっぷり愛情を注いで売りたい、と感じました。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)