「どんな自分もかわいい♡」と思って衝撃。

先日、新規のお友達二人とご飯をした。

西荻窪のベトナム料理ノムカフェさん。(↑写真)

 

すっごくおしゃれで、

良いエネルギーにあふれたお店さんだった。

美味しかったー!!

 

元々二人とは午後に合う予定にはなっていたけど、

夕飯を一緒に食べる約束はしてなかった。

 

でも、

「なんかこの2人好きだから、

うまいこと夕飯を一緒に食べる

流れになったらいいな…!」

って、思ってた。

 

でも「ご飯行きましょ~」

って提案できるほど、

まだ親しくない。

 

自然に「行こう行こう」

みたいな空気になったら行きたいけど、

そうじゃなかったら

「乗り気じゃないけど

約束したから義務的に行く」

みたいになりそうで心苦しい。

 

なので、一応旦那さんに

「この日の夕飯は別々で」と伝えて、

予定を空けておいた。

 

 

そしたら旦那さんに

「結局ご飯行けなくて、

『せっかく予定空けたのに!

ご飯行く流れにならなかった!!

ふええーーん』

って嘆く君の姿が目に浮かぶwwww」

って言われて。

 

「ひどい、無事ご飯行けるよう願ってよ!w」

って言ったのだけど。

 

そのとき、ふと感じたのです。

 

「計画的に頑張ったのに、

叶わなくて、なげいてる私とか、

なんか可愛くない???www」

って笑

 

「失敗する自分可愛い」

「できない自分可愛い」 

 

今まで生きてきて、

そんなこと一度も思ったことなかったなって。

 

「どんな自分も可愛い」

って言葉を聞くたび、

心に響かなくて

「そんなこと思えない」

って、却下していたのに。

 

自分の中で細かく細かく

短所を見つけ出しては、

 

「どうして自分はだめなんだろう」

「あとなにができたら優しくしてもらえるの?」

「普通の扱いを受け入れられるの?」

(※家庭環境が悪すぎた。)

 

そんなことばかり考えてた人間が、

「できない自分可愛い♡」

ですよ。

 

すごい変化。笑

 

自分の中から

ポッと出てきたその感情に

自分自身が衝撃を受けた。

すっっっっっごくびっくりした。

 

「失敗する自分可愛い」

「できない自分可愛い」

って思えたら、

「どんな自分も可愛い」

だね。

 

自分とは死ぬまで一緒だから。

そのマインドで死ぬまで生きられるって

最高だと思う。

 

そう思えたのは、

自分の感情に向き合って、

嫌な気持ちになることを減らして、

心地良い気持ちになることを増やして、

心をろ過していったから。

 

とにかく

「気分良くいること」

の積み重ね。

 

それが、ある一定レベルを越えたら、

ポジティブ回路が開いて

 

どんなものでも悲観していたのが、

どんなものでも楽しく感じられるようになって、

 

「どんな自分も可愛い♡」

になる。

 

すごい。感動!!

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶プロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加