何かを得るには努力が必要という思い込みの原因。[ヘリコプターでエベレスト]

宇宙理論の、

「心の声に従えば、心はワクワク、身体はラクなまま、楽しく大きなことが成し遂げられるよ。

つらい思いをして富士山を登るのではなくて、ヘリコプターでエベレストを登る、みたいなことができるよ。」

という考え方。

 

(Happyちゃんの2018年11月16日のインスタライブの「子泣き爺の山岳部隊」の話。)

 

私の頭には、

「何かを得るには、相応の努力が必要。」

みたいな思い込みがあって、しかもなかなか抜けなかった。

 

「小学生の頃、そんなふうに思ってなかったような…ヘリコプターでエベレストの感覚で生きてたはず…でもどこでその思い込みができたんだろう…」

「この思い込み、はずしたいなー。足ひっぱるなあー。」

って思ってたけど。

 

「何かを得ようとするなら、それなりの代価を払わなければいけない。

兄さんも『天才』だなんて言われてるけど、『努力』という代価を払ったからこそ今の兄さんがあるんだ。

 

ハガレンじゃない?orz

 

▲2017年9月に行った、鋼の錬金術師展の写真。

 

ハガレン、高校・大学のとき、何度も何度も読んでたから…orz

 

(ハガレン大好き。百姓貴族も大好き。荒川先生大好き。)

(あと同じことだけど、学生時代に理科で習った質量保存の法則。)

 

 

言わずもがなだけど、ハガレンは悪くない。

極端に抜き出して、自分を制御するようにすりこんでしまった、私が悪い。笑

 

 

さっき、お菓子を食べてて、以前食べた美味しかったクッキーを思い出して、その写真を検索していたら、この「鋼の錬金術師展」の写真を発見した。

で、「私の思い込みのきっかけ、これだ!!!」ってつながった。

 

思い込みができる出来事って、トラウマだけでなくて、本当にちょっとした出来事だったりする。

友達のささいな言葉だったり、テレビで見た内容だったり。

 

 

思い込みのきっかけが思い出せなかったら、

「この思い込みができたきっかけって、何だろう?」

って脳に問えばいい。

 

で、放置。

 

あとは、勝手に脳が検索してくれるから。

で、リラックスしてたら、回答は勝手にふってくるから。

 

 

思い込みは、気づけば消える。

気づいたから、きっとすぐ解消できるよ。

 

でも、ドラゴンボールを見て、かめはめ波が撃てると思ってる男子は、もう批判できないな😂

 

▼荒川先生のご実家のお話。面白すぎる北海道農家エッセイ。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加