お客さんは自分。自分のニーズを満たすようにしたら驚きの気づきを得た。[ブログ]

今までは、ブログをこんな感じで書いてた。

 

▼Excelの表。記事を書くときに上から埋めて、整理してから書く。(タップで拡大。

 

この書き方は、ブログを始めた2014年頃からやってたこと。

でも最近、なんだか違和感を感じてきた。

 

ブログを書こうとすると、思うように筆が進まない。

「ウッ」とつっかえる感覚がある。

 

もっとすっきり吐き出したい。

もっとスムーズにさらさら書きたい。

思うままを文字にしたい。

文章を校正せずにいたい。

 

そんな感覚が湧き上がってきた。

 

でも書き手の自分はそう思うけど、読み手の自分はどう思うの?

それを読んで、「良い!」って思える?

 

「私が」読者だったら?

どんなブログを読みたい?

 

読者は私。

私だけ。

 

お客さんは自分。

 

自分というお客さんの心を満たすには?

大ファンだって思ってもらうには?

 

考えて考えて考えた。

そしたら、こんな要望が出てきた。

 

  • ブログはメモ書き程度でいい。
  • 読みやすい文章であればいい。スムーズに読める気持ちの良い文章がいい。
  • テンション低い文章が良い。
  • 適度に短い文章が良い。長い文章は疲れる。
  • がっつりまとまってなくていい。むしろ力を入れすぎた文章は読んでて疲れる。
  • 完成度はいいから、たくさん更新してほしい。
  • 毎日読みたい。1日何記事かアップされたらすごく嬉しい!
  • 気持ちとか、行動とか、できるだけ細かく詳しく書いてほしい。ちっちゃなことでもいいから。
  • 改行とか、口調とか、文法とか、ガタガタでいい。
  • 誤字脱字とか別にあって良い。
  • とにかくスピードと量が欲しい。リアルタイムで、バンバン出してほしい。

 

 

ほー!!(´⊙ω⊙`)

 

今までは、

「その都度リアルタイムで発信するとか、日記みたい。芸能人ならともかく、私が書いてもなあ…」

「『こうやったらこういう結果になります』っていう、完成したノウハウを書かないと。できてない人が、中途半端な過程を書いたって役に立たない。」

「ちゃんとした文章を書かないと。改行、文字色、誤字脱字チェック、ちゃんとしないと(無意識のすりこみ)」

って思ってた。

 

けど、それはあくまで他人目線。

 

自分目線で考えたら、他人目線のときとだいぶ違った!!

 

なんだ!

 

 

試しにさっそく、「自分目線の書き方」でブログを書いてみた。

 

▼1日に一気に4記事更新してみた。

やりたいことは内側に探す。本音のエネルギーは無限大。

日常はサインにあふれてる。目にうつる全てのことはメッセージ。

心のマイナスを埋める欲求から、楽しい未来を求める欲求へ。

やりたいことは内側に探す。本音のエネルギーは無限大。

 

 

実際やってみたら、気持ちがすごくすっきり!

「以前の文章よりも、質は落ちてるな。このままこの方法で書いていいのかな。」って不安に感じたけど、とりあえず様子を見ることにした。

 

そしたら、丸1日経って分かった。

 

「この書き方だと、どう変わっていったのか、推移が分かる!」

 

腹落ちした。

胸の中でピカーーー!!って光った感覚。

 

これまでは、ノウハウがまとまってできあがった状態で「ポンッ」って置いていった感じだった。

でもそれだと、どうやって進化していったのか、どう考えて、どう行動して、どういう気持ちになって、どう変わっていって、そこにたどり着いたのかが見えなかった。

 

新しい書き方だと、それが分かる。

 

途中経過とか、その時の生の感情がありありと。

 

たくさん書かれた文章を、見直したときに、

「おおー!」

「そういうことかー!」

って腹落ちできる。

 

一記事完結じゃない。

そもそも、一記事で伝えられることって限りがあったしね。

 

文章は以前より散らかってるのに、より「そこに私がいる感」「私が喋ってる感」を感じた。

 

なるほどー。

 

やってみて初めて分かることってある。

「もっとこうしたい」って感覚がきたら、とりあえずやってみるものだね。

 

 

お客さんは自分。

自分は何を求めてる?

どうだったら満足する?

 

ブログでなくても。

何事でも。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加