あなたは本当に嫉妬をしないタイプの人?

少し前まで、自分は誰かに嫉妬をしないタイプだと思っていました。

 

 

ですが、最近嫉妬心を感じることがあって。

「自分は嫉妬しないタイプ」と思っていても、実際はそうでないこともあるのだと知りました。

自己肯定感が低いから、人に嫉妬をしようがないのだと思っていた。

過去に、知人から「しょっちゅう自分の近くにいる人に嫉妬してしまってつらい」と相談されたことがありました。

でも、当時の私はあまりピンと来ず。

 

 

私は26歳までとてつもなく自己肯定感が低かったので、そもそも周囲の人と同じ土俵に立っていない感覚で。

 

 

「周囲の人は自分より優れている。自分は他の人たちより、いる位置が何段階も低い。」みたいな。

なので、嫉妬をしようがないのだと思っていました。

嫉妬は自分より優れている人だけにするものではなかった。

でも嫉妬は、他人が自分より優れているという場合だけでなくて、「自分がやりたいけれどできていないこと」を誰かがしていても起こります。

 

 

あと、ただそれまでの人生で、嫉妬する対象に出会っていないというパターンもあります。

そして、ある日ふと出てくることもあります。

嫉妬は、自分は本当に何をしたいのかを知る良いチャンス。

ちなみに、私が嫉妬心を感じたのは、身近な人ではなくて、メディアで見るような人でした。

その人のSNSなどの発信を見ていて「そういう発信のしかた、私もしたいのに……!!」と、腹の奥がざわついたようです。

 

 

嫉妬は、良いチャンスです。

自分は本当は何をしたいのか、自分の本音が分かるから。

 

 

「自分は嫉妬しないタイプだな~」と思っている方でも、自分のイメージの幅が広がる機会もあるかもしれませんよ。

 

 

***

写真は、最近好きになったびっくりドンキーのハンバーグ。

びっくりドンキー、信者がいる気持ちが分かりましたよ。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の他のブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加