料理を作ることに疲れた方々に贈りたい、リュウジさんの言葉。

料理を作ることに疲れた方々に贈りたい、バズレシピリュウジさんの言葉。

 

「じゃあ母親は酸っぱいの苦手だから、じゃあちょっと甘めにしよう。

でも息子はからいの嫌いだから、からいのも抜こう。

 

 

そうするとむちゃむちゃキュッとなるんですよね。(作れる料理の範囲が)

 

 

でも自分の円(食の好みの範囲)ってこれぐらいあるんだけど、みんなの円を重ね合わせるとこれぐらいしか(小さい範囲)残らないんですよね。

その中から今日飽きられないように、何しようか何しようかでこうやるわけじゃないですか。

 

 

やっぱり家族に(料理を)作るとか特定の人に作るっていうのは、あんなに大変なもの無いですよね。)」

▼New Life -新しいスタート- リュウジ編  揺るぎない料理への思い。料理研究家・リュウジに学ぶ信念の貫き方/YouTube(21:37あたりから)

 

 

この言葉にどれだけの人が救われるか。

なんて愛の深い人なのでしょう。

 

 

図解すると、こういうことですよね。

 

「家で家族の食事を作る」

というのは、ものすごく考えることが多いです。

 

 

家族の好みだけでなくて、栄養バランスや、冷蔵庫の中にある食材をふまえてメニューを考えたり。

買い物へ行ったり。

買い物へ行っても、予定していた食材が無かったりして、別の食材を選んだり。

鮮度や時期で買う食材を比べたり。

 

 

作るときも、段取りを考えたり。

食べるタイミングを考えたり。

作った後も保存したり。

冷蔵庫の空き具合を踏まえて、冷凍したり、解凍したり。

 

 

相当高度な総合格闘技です。

調理自体の体力&精神コストなんて、氷山の一角です。

 

 

リュウジさんのこの言葉は、普段料理に疲れている人の心に染み渡る言葉だと思いました。

 

 

写真は、リュウジさんのレシピで作った究極の海鮮丼。

作るたびに、旦那氏が喜ぶメニューです。

 

 

リュウジさんのレシピは、全部本当に美味しいです。

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の他のブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加