なりたい肌の状態まで、引き上げる。[スキンケア]

スキンケアをするときの「意識」のお話。

 

 

スキンケアをするとき、「なりたい肌の状態まで、引き上げる」イメージで、化粧水や美容液を浸透させています。

 

 

「このくらいの、もちもち感になってほしいな。」

「こんなかんじの、透明感のあるお肌になってほしいな。」

とイメージします。

 

 

そして、そこを目指して、じっくりじっくり、化粧水を浸透させます。

 

 

細やかに観察すると、そのときどきによって、必要なアイテムも、量も、かなり違うことに気づきます。

 

 

昨日まで、ランコムのジェニフィックアドバンスト(美容液)とクラリフィックデュアルエッセンスローション(化粧水)を使っていました。

(ド定番w)

 

 

保湿に特化したアイテムです。

 

 

けれど、夏に入ったからか、保湿より、肌のキメをもっとひきしめたくなりました。

ので、アルビオンの薬用スキンコンディショナーエッセンシャルにチェンジ。

(定番ばっかかw)

 

 

乾燥肌の私には、冬場は保湿力が足りないのですが、肌のキメのひきしめ効果がすごいのです。

凹凸がつるっとスムースになります。

 

 

この化粧水を、

「こんなかんじの、つるんとした肌になってほしいな。」

「ピンと張ったように、ハリのある肌になってほしいな。」

と、頭にイメージしながら浸透させます。

 

 

ゴールがイメージできると、スキンケア用品の使い方も変わってきます。

手つきも、圧力も、時間も、かなり変わります。

(ちなみに、私はコットンは使わず、手でつける派です。)

 

 

仕上がりも全然違う!!

 

 

何より、「丁寧にケアされた感」があふれます。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加