宇宙理論もはや一般化。~映画『海獣の子供』観てきた~

先日、映画『海獣の子供』観てきました!

▼映画公式サイト
https://www.kaijunokodomo.com/

声優:芦田愛菜 他
音楽:久石譲
主題歌:米津玄師

めっちゃ豪華…!

「宇宙の誕生」

のお話です。

量子論炸裂で難しくて

20%も理解できてませんが、

とんでもないものを

見てしまった感がありました。

「大切なことは言葉にならない」

「見るって事は信号を

受け取ってるってことだから。
例えばリモコンで

テレビの操作をするのも信号だからね。

見た事でこっちのチャンネルが
変わることもあるかもしれない。
今までと違うものが見えたり、

感じ方が変わったり。」

セリフがまるでHappyちゃん。

こんなスピリチュアル全開な作品を
こんな豪華で知名度のある方々が

作っているのを知って、

危機感を感じました…!!

「量子論が想像以上に一般化してる…!」

「私も早く宇宙理論を

マスターしないとやばいぞ。

エネルギーの使い方、

身体にしみこませないとやばいぞ。」

「一部の人だけが知ってる、

とっておきの法則♡

じゃなくなってるぞ。」

ってアワアワしました…!!

米津玄師さんは、
もともとこの漫画のファンだったそう。

きっと、
久石譲さんや米津玄師さんは、
普段から宇宙理論を利用できていて、

その渦の中で作品を作っているから
歴史に残るレベルの作品を作るし、
『海獣の子供』にもシンクロするのかな、

と思いました。

この映画を観たいと
誘ってくれた旦那さんに、

「俺は全然理解できなかったけど、

要するに君がやってる

ボディートークと同じことでしょ?」

と言われました。

(うちの旦那さん、さすがです。

鼻が効きます。)

そうです。ボディートークも、

量子論でできていますウインクキラキラ

ボディートークは、

「量子情報空間」、

つまり「宇宙図書館」から

「あなたの心と身体を

どう調整したら、

より本来の自分で生きられるか?」

という情報を引っぱってきて、

心と身体を良くします。

「どうしたら良くなるか?」が、

セラピスト一人の頭でなく、

宇宙レベルの情報。

そりゃー的確ですグッ

効くわけです。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶プロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加