「ヒプノセラピー(前世療法)話をするのが怖い。変に思われたらどうしよう。」

最近、立て続けにヒプノセラピー(前世療法)記事を書いていた。

参考記事:霊視・ヒプノセラピー記事一覧

 

自分の中では納得して書いていたけど、

「頭おかしい人に思われたらどうしよう!!😱

っていう恐れはぬぐいきれなかった。

 

 

そしたら昨日、Happyちゃんがインスタライブで、

「あなたはこういう過去世でした、って占いで言われて、現世の自分の謎が解けた。」

という話をしてて。

 

(略)

私の一個前の過去生が『幽閉されて動けない』っていう状態だったみたいで、

(略)

小さい頃、巌窟王(がんくつおう)のエドモンダンテスやアンネの日記など

暗いところに閉じ込められてる系の話が異常に好きだった

(いや、まじで不思議だった)

同じ本なんども読んでたんだよね。

 

そして15歳で家出した私は、廃墟の屋根裏に住んでいた。

おいおい!どんだけ暗いとこ好きやねん!

過去の幽閉された記憶持ち越しすぎだろ!笑

 

でも謎が解けて嬉しいよ

引用:ぺージ55 『1万5000人の中で選ばれた数パーセント?!』/世界は自分で創る第2章「シルクロード物語」

 

これを聞いて、私の心はものすごく癒やされたんだよ\(◎o◎)/

 

私はHappyちゃんと違って、暗いところや狭いところが苦手。

小さい頃は、閉所恐怖症で一人でエレベーターに乗れなかった(今は軽度)。

 

現世での感覚は違う。

 

でも、Happyちゃんの「幽閉されていた」という話が、私がヒプノセラピーで視た「親に売られた奴隷(で、檻のような場所で監禁されていた)」の状況に似ていた。

この話のくだりだけで、私は自分の気持ちがたっぷり理解してもらえた感覚になったし、十分救われた。

 

▼私が視た「親に売られた奴隷」の話はこちら。

参考記事:生まれつきの価値観も180度変わるタイミングが来る[ヒプノセラピー]

参考記事:まず願うこと。明るい未来を望むと世界が鮮やかになる。[ヒプノセラピー]

 

 

そういえば、生い立ちが私と似ている方が、

「『スケープゴート』とか『生贄』って聞くと、ザワザワする」

と言っていて、私も同じことを感じていたので、

「あなたも?!私も!!ザワザワしますよね!!!」

って感激したことがあった。

 

 

「スピリチュアルな話をするのが怖い。」という気持ちは、以前自己分析をして、腹落ちをしていた。

でも、「前世療法の話」っていうピンポイントなネタになったら、また恐れが出てきた。

参考記事:「スピリチュアルな話をするのが怖い。変に思われたらどうしよう。」

 

今まで「誰かの前世話を聞いて、ほっとした。」という経験が無かったから。

スピリチュアルな本とかで、誰かの前世の話が載ってても、自分と近い人はいなかったから。

 

Happyちゃんの話を聞いて、

「自分と似た前世の話を聞くと、ものすごく心が救われる。」

「しかも、前世の話をしてくれる人って多くないから、貴重だしありがたい!!」

って実感した。

(恋愛や仕事の話みたいに、前世の話を話すなんてないものね。)

 

 

誰かの体験談は、誰かの救いになるんだよ。

 

 

「心に響いたことは、ちゃんと発信しよう。」

「『3日前の自分が読みたかった記事』を書いたら、同じ価値観・境遇の誰かの心にも響く。」

「前世の話ができるのは貴重だよ!誰かの、数少ない砂金のような救いになるんだよ!!」

って感じたよ。

 

▼大好きなHappyちゃんの著作。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加