生まれつきの価値観も180度変わるタイミングが来る[ヒプノセラピー]

「生まれつき持っている考え方も、あなた本来の考え方とは限らないですよ。」

「ガラッと180度変わることは、全然ありますよ。」

「どうして自分だけ、こういう考えなんだろう…なんて思わなくていいんですよ。」

という話です。

 

 

私の覚えている限りですが、私は幼稚園の年長の頃すでに、人生に対して悲観的でした。

 

「生きることってただの地獄なのに、人はなんでこんなつらい思いをしてまで生まれなきゃいけないんだ。

なんでこんなつらい目にあわせてまで、子どもを産むんだ。

苦しみばかりの日々を何十年も生きなければいけないなんて、本当に心が重い。

早く死にたい。」

 

って思ってました。

 

でも、その頃はまだ弟が生まれたばかりで、私への心理的虐待はまだ始まってなかったはずなのですよ。

(毒母からの心理的虐待は、小学校1、2年あたりから始まって、小学校3年のときにはアダルトチルドレンになっていた感覚です。)

 

参考記事:アダルトチルドレン実体験記事一覧/ジブンクリエイト

参考記事:実践アダルトチルドレン克服法!私が26歳で克服した方法を簡単なワークにしたよ。/ジブンクリエイト

 

「アダルトチルドレンになる前から、この希死念慮は持っていたの?」

「むしろ、この考え方を持っていたから、そういう現実を引き寄せることになって、26歳までつらい日々を過ごす羽目になったの?」

「小さい頃のことだし、記憶違いしてるのかな?」

 

って疑問に思ってました。

 

 

そんなある日のこと。

 

家でヒプノセラピー(前世療法)をしていたときに、

「親に売られて奴隷になり、何十年も苦しい人生を送って亡くなった人」

が出てきました。

(※自分の本音のキャッチに役立つので、悩みのあるなしに関係なく、マインドフルネス、霊視、ヒプノセラピーはよくしています。)

 

参考記事:ヒプノセラピー体験談!インナーチャイルドを癒やすとは?[前世療法・催眠療法]

 

その奴隷の人の心を見ていくと、こういった絶望感が出てきました。

 

「自分の人生は、死ぬまで地獄だし、ここからは逃げられない。

朝から晩まで苦しい思いをするだけ。

 

子どもにこんな思いをさせるなら、どうして産んだんだ。

どうしてそんなにも簡単に子どもを苦しみのどん底につき落とせるんだ。

人間のやることじゃない。

 

生きていたくない。早く死にたい。」

 

 

やっと見つけた、って思いました。

 

アダルトチルドレンになる前の希死念慮の原因、お前かアアアア!!!!

と。

 

 

ついでに、他にもこういった考え方も派生してました。

 

  • 生まれながら、苦しい思いをしている子どもたちが見ていられない。(貧困国への過度な感情移入。)
  • 子どもを産むなら、親は最低限の安全を保証して当然。
  • 責任無く適当に子どもを作るやつとか死んじまえ。

(↑奴隷人生があまりにも苦しかったことで、こういう考え方が生まれたようです。)

 

友達で、

「うちは親がデキ婚だけど、家族仲が良いし、何も問題に思ったことないよ。

むしろ私もそうしたいし、子どもができたらそのまま結婚しよ~って思ってるよ。」

という子がいて、死ぬほどびっくりしたことがあります。

 

その子は良い子なので、「そうか…そういう考え方もあるのか…ならいいのか…?」と頭では理解したものの、当時は心がついていかなかったです。

 

なるほど、その辺の価値観も一緒にからんでくるのか…って納得しました。

 

 

前世療法とも言うように、いわゆる前世の感情を癒やすと、現在の自分の心の癒やしに繋がります。

 

現在、水恐怖症の人が、水の事故で亡くなった前世を癒やすことで、水への恐さがやわらぐ、みたいな。

(※あくまで一例です。過去に水で怖い思いをした経験があるなど、他の原因もあるでしょう。)

 

結局3日ほどかけて、その奴隷の人に対してマインドフルネスをして、無事成仏していただきました。

(成仏という言い方が合ってるのか、分からないですが。)

 

参考記事:過去のトラウマを浄化する。(マインドフルネス)/ジブンクリエイト

 

結構時間がかかりました…。

 

 

アダルトチルドレンを克服してからは、生きることに対する悲観的な気持ちはだいぶ和らいでいました。

でもどこか、「とはいえ、アダルトチルドレンでなくても生きるって面倒くさいな」という気が重い感覚は、どこかありました。

 

でも、ヒプノセラピーをした2日後の朝、すごく心が軽く感じたのです。

(当日、翌日は何も感じませんでした。)

 

その後は、トラウマ解消と同じように、そんな想いがあったことさえも忘れて、元々その心が軽い状態が普通だったかのように、特に何も感じなくなっていきました。

参考記事ボディートークの効果はかなりある。でもありすぎるせいで気づきにくい。

 

 

「どうして自分だけ、こういう考えなんだろう…」

「他の人はそんな執着なんて無いのに…」

って気にされている方。

 

あなたが気にしてるその考え方、あなたのせいじゃないですよ。

自己否定をする必要は無いです。

 

生まれつき持っている価値観も、あなた自身のものとは限らないですよ。

時が来たら、ごっそり消える日が来ます。

 

▼めっちゃ面白かったです。心にグサグサささって、怖いくらい。

▼同じシリーズの前作も面白いです。こちらもおすすめ!

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加