ボディートークの効果はかなりある。でもありすぎるせいで気づきにくい。

ボディートークの効果は、本当に本当にスゴイと思います。

 

▼効果のすごさは、ぜひこちらをご覧ください。

参考記事:体験談(体の悩み)

参考記事:体験談(心の悩み)

 

でも効果がありすぎるゆえに、逆にすごく分かりにくいなと思います。

理由を説明します。

ボディートークの変化は自然。悩んでいたことすら忘れさせてしまう。

ボディートークは、セッションの前後でものすごい変化を起こします。

 

でも、変化がものすごく自然なのです。

さらに、悩んでいたこと自体も、忘れさせてしまうことがあります。

 

ボディートークの効果は、「風邪が治るとき」に似ています。

 

風邪を引くと、そのときは、

「つらいな~」

って思いますよね。

 

でも治ったら、

「つらかったことも、そういえば風邪だったことも忘れてる」

ことってありませんか?(私はよくあります。)

 

 

一週間前にも会った人に「風邪、治った?」と聞かれて、

「アッ!そういえば私、先週風邪ひいてた!」

って思い出したり。(私だけですか?そんなことないですよね?!笑)

 

 

あと、口内炎とか。

 

痛いときは死ぬほど痛いけど、治っていくと、

「治ってきたな~」

って実感するというより、

「口内炎だったことを、自然と忘れていく」

みたいな。

 

 

ボディートークの効果は、そんな感覚です。

とんでもなく効果が出てるのに、変化が自然すぎるせいで、自覚しにくいのです。

私は歯の食いしばりが治った。でも気づかなかった。

以前、私は何年も歯の食いしばりに悩んでいて、寝るときにマウスピースを付けていました。

ボディートークのおかげで、今では治っています。

参考記事:何年も悩んでた歯の食いしばりが良くなった[ボディートーク実体験]

 

でも私は、この「食いしばり」が治ったときに、「治った!」と気づけませんでした。

知らないうちに食いしばらなくなって、寝るときは絶対手放せなかったマウスピースを自然とつけなくなって。

 

ある日、旦那さんから「もうマウスピース付けないの?」って言われて、

「あっっっ!!!そういえば、私歯の食いしばりに悩んでたんだった!!!」

って思い出しました。

 

何年も悩んでいたのに…!

色々努力しても治らなくて、あれほど困っていたのに…!

 

ボディートークを受けたときは、「首がしまって苦しい」と相談したときに、

「そういえば、歯の食いしばりもあります」

と、「ついで」として相談しました。

 

とはいえ、もちろん、食いしばりを相談したことは覚えています。

でも、旦那さんに言われるまで、食いしばりに悩んでいたことも、相談したこと自体も忘れてしまっていました。

悩みは根こそぎ、忘れちゃえ!

とはいえ、セッション後に毎日わざわざ悩みを思い出して、

「どれくらい効果が出てるかな??」

とチェックするのは、おすすめしません。

 

すりこみになってしまって治りが遅くなったり、治ったのにまた新しく悩みの種を植えつける可能性があります。

 

日記や、スケジュールアプリにでもメモをして、一年後くらいになんとなーく見返したときに、

「そういえば、こんな悩みあったなあ~!」

って思い出すくらいの感覚で良いと思います。

 

はい。

ボンヤリした結論で申し訳ないですが、そう思います٩( ‘ω’ )و

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶詳しいプロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加