ボディートークの効果は?効果が出るまでの時間は?効きやすい人・効きにくい人は?

  • ボディートークは効果はある?
  • 効きやすい人、効きにくい人は?
  • セラピストとの相性は?

そのあたりをまとめてみました。

セラピストとクライアントの相性はおそらくある。

セラピストとクライアントの相性はあるように感じます。

 

私が「効果があった!」と思うセラピストさんでも、他の方は「全然効果が無かった」ということはよくあります。

 

私はありがたいことに、今のところセッションをして頂いた方で、効果を感じなかった方はいません。

まだボディートークを勉強中の方の練習セッションでも、すごく効果を感じています。

参考記事:苦手な人がいたけど、気にならなくなった[ボディートーク実体験]

 

とはいえ、

「このセラピストさんの方が合うな」
「より効果を感じたな」

というような優劣はあります。

セラピストと病気の相性。

ボディートークは、内臓、筋肉、精神、チャクラ、色々な部分をカバーしています。

その上でですが、セラピストによって、得意分野はあります。

 

筋肉や骨が得意な人もいたり、心の病気が得意な人がいたり、動物が得意な人もいます。

(ボディートークは動物にもセッションができます。)

 

あとそれ以上に、セラピスト本人の考え方で、セッションの内容はすごく変わります。

価値観とか、今まで生きてきた人生とか、思考とか。

 

例えば、心の病や、メンタルが原因の体調不良のセッションの場合。

 

今までの人生であまり悩みが無く挫折経験がないセラピストだと、良く言えばシンプルで分かりやすく、悪く言ってしまえば浅くなります。

色んなつらい出来事を経験してきたセラピストだと、気持ちの部分とか、心の深い部分までくみ取ったセッションになります。

 

あくまで私の主観ですが、かなりそう感じます。

どちらが良いかは、クライアント側の好みです。

効くまでに時間差はある。

ボディートークの効果は、時間差があります。

 

周囲の声や私の実感としては、直後~1週間程度です。

遅いときは、1ヶ月後くらいという場合もあるようです。

 

施術者の方に「○○と出てきました」と言われて、そのときは何も思い当たらなかったけれど、後々「ああそういうことか!」理解できたり、ということもあります。

 

私の場合はこんな感じです。

首がしまって息ができない症状。
セッション直後、普通に息ができるように。

突発的な腰痛。
セッションの翌日に、痛みが完全に消えました。

特定の人が苦手。
セッションの翌日に、突然フッと苦手意識が消えました。

歯のくいしばり。
数ヶ月後に治っていることに気づきました。

必要なセッションの回数はそれぞれ。

ご相談内容によって、必要なセッションの回数はそれぞれです。

 

1回で良い場合もあれば、何回かセッションをして、徐々に良くなる場合、色々あります。

 

私も、上の章に書いたものは1回のセッションで良くなりましたが、これらは2回以上かかっています。

年上の凶暴な女性が怖い。
セッション3回以上。以前よりかなりよくなりました。とはいえ、まだ少しかかりそうです。

他人から八つ当たりを受けやすい。
セッション2回。多分、もう完治しました。

 

変化のでかたも、さまざまです。

 

何回かやるうちに徐々に効果が出てきて、数回目で完全に変わる場合もあります。

(最初は黒からグレーになって、だんだん薄くなって、最終的に白になった、みたいな。)

 

何回かやってしばらくまったく効果がなかったけれど、数回目で突然クルッと変わる場合もあります。

(オセロのように、黒から白にクルッとひっくり返る、みたいな。)

自然すぎて分かりにくいときがある。

ボディートークの効果は、変化が自然すぎて、分かりにくいときがあります。

 

詳しくはこちらをどうぞ。

参考記事:ボディートークの効果はかなりある。でもありすぎるせいで気づきにくい。

ボディートークの効果が出やすい人、出にくい人。

効果が分かりやすい人、分かりにくい人はいます。

というより、効果を「自覚しやすいかどうか」が大きい印象です。

 

ちなみに、私は効果がものすごく分かりやすいタイプです。

「世界が変わった…!!」

「あれ?!この人、こんな人だったっけ?!」

「苦しくてたまらなかった首のしまりが一瞬で消えた…!」

「腰痛消えた…!」

と、しょっちゅう仰天しています。誇張などでなく。

 

私は普段から、色んなセルフケア法を試して、自分の変化を観察して、を繰り返しているので(だからこそこうやってブログを書いているわけですが)、特に気づきやすいんだと思います。

 

ボディートークの効果は、ものすごくあるときでも、ものすごく自然です。

 

普段から、

「今日はいつもより身体がむくんでるな~」とか、

「今日はいつもより気持ちがすっきりしてるかも~」とか、

自分の状態や変化をある程度把握できている方でしたら、効果を実感しやすいでしょう。

 

参考記事:ボディートークの効果が出ていても、本人が気づかない場合がある。

「いつも何やっても効果が出ないんです」

知人に「ボディートークの効果があまり分からない」と言う方が2人いらっしゃいます。

 

2人とも口をそろえて、

「私、何を受けても、効果を感じるのが遅いんだよね~~(T_T)」

と言っています。(ちょっとおもしろい笑)

 

現実は本人の思い込みでできています。

「私は電車が混んでても、なぜかいつも座れるの。」って思ってる人が、いつも座れてしまうように。

「私は電車でいつも座れないの…。」って思っている人が、なぜかいつも座れないように。

 

こういった思い込みがある場合は、先にそれを外していくと、ボディートークもそれ以外も、効果が出やすくなるかもしれません。

(私はその2人のことは、「変化が怖い」「実は悩むのが好きなタイプ」かもなーと思いながら見ています。笑)

ご相談いただいていない部位が良くなることはよくある。

ご相談をいただいていない部位が良くなることは、しょっちゅうあります。

 

例えば、メンタルの不調をご相談いただいた方から、「歯のくいしばりが減った」「座っているのがつらかったけど、今は背筋が自然と伸びてる」「身体が軽くなった」など、言っていただいたりすることはよくあります。

 

他にも、「ご両親」に関してご相談をいただいたのに、セッションで「お金」について出てきたり。その「お金」についてタップをしたところ、「ご両親」への気持ちが軽くなったと言っていただいたり。

 

ボディートークでは、「心と身体を良くするには、どこをどうしたらいいか?」を潜在意識レベルで探します。

クライアントとセラピスト(私)が「どうしてコレ?!」と思う内容が出てきても、実はそれが心と身体の調子を整える最善策だったりします。

心の病気も身体の病気も、治るタイミングに治る。

ボディートークだけでなく、身体の病気も、心の病気も、治るタイミングになったときに、治ります。

 

もちろん、転んで怪我をしたとか、風邪を引いたとか、単に治るのに時間がかかっただけのものもあります。

でももし長続きしたり、うまく治らないとしたら、何か意味があるからかもしれません。

参考記事:病気は、治るタイミングになったときに治る。

まとめ

ボディートークの効果は、本当にスゴイものがあります。

 

とはいえ、

マッサージが効きやすい人、効きにくい人。
漢方が効きやすい人、効きにくい人。

色々いるように、ボディートークも合う人合わない人は、きっといます。

 

もし1回ボディートークを受けて効果を感じなかった場合は、他のセラピストのボディートークを何回か受けてみるのがおすすめです。

 

▼このブログを書いてる人

神山さとみ(▶プロフィール

 

▼神山さとみの他のブログ

アメブロ

ジブンクリエイト

 

▼ブログ更新通知をお届けしてます

友だち追加