掃除はダイヤの採掘。汚れの除去でなく快感の積み重ね。

「掃除がつらい」

「少しでもラクに感じたい」

「掃除を楽しいと思いたい」

という方に。

私は掃除はする方だったけれど、しんどかった。

私は掃除する方だと思いますが、それでもしんどかったです。

楽しくできるようにツールを工夫したり、掃除の仕方を改善したり、結構色々やってきました。

 

 

でも、

「いくら効率化をしても、掃除というタスクは絶対に無くならないんだ。」

「やってもやっても、また汚れてキリが無い。賽の河原だ。」

「人間は死ぬまで永遠にこのタスクからは逃れられないんだ。」

みたいな感覚でした。

 

 

掃除をした直後は気分良くいられますが、少しすると、

「ああまた汚れてきた。また掃除しなきゃいけないんだ。しんどい。」

という気持ちになります。

 

 

住人の私がそういう気持ちで場を見るせいか、物理的にはきれいなはずなのに、場に漂う空気は「なんか疲れている」みたいな空気でした。

掃除のスタンスBefore「汚れの除去」

「どういうスタンスで掃除をしているだろう?」

と考えてみると、私にとって掃除は、

「汚れの除去」

でした。

 

 

「きれいな状態」が100点、かつ、あるべき姿。

でも、汚れという「減点」が発生している。

掃除をすることで「減点」を補填していく。

という感じ。

 

 

でも人間生きていれば「きれいな状態」なんてものは一瞬です。

だから、ほぼ毎日「足りていない」気分でした。

 

 

「ここ掃除終わった……ああでも、まだあそこが残ってる」

「まだ足りないまだ足りない」

みたいな。

 

 

しかも、当然その掃除タスクは、日が経てば自動的に増えます。

 

 

「まだ掃除をしていないところ」

は、

「永遠に増え続ける未処理のタスク」

です。

 

 

まるで穴の空いたバケツに、毎日せっせと水を入れるような、

「また水が減ってる、足さなきゃ……」

「でも穴が開いているから、足しても足しても水は流れていく……うわあん」

という気分です。

 

 

私の今までの掃除スタンスはこんな感じ。

軽い地獄じゃないですかー書いていて泣けます。

掃除のスタンスAfter「快感の積み重ね」

先日、さやちゃんの億女大学で「掃除術(with ゆたにえりさん )」を視聴しました。

そこで、ゆたにさん流掃除術を聞いて、「そう考えればいいのかー!!」と理解しました。

 

 

▼【1000人の主婦革命】億女大学カリキュラム!/吉野さやかオフィシャルブログ

 

 

ゆたにさん流掃除術は、

「快感の積み重ね」

でした。

 

 

「ホコリみっけ→掃除する→床がキラッとした!→嬉しい!」

の、積み重ねです。

 

 

例えるなら、ホコリを見つけて掃除をするたびに、

「ダイヤが得られる感覚」

なのでしょう。

(ダイヤ=「嬉しい!」の感覚)

 

 

掃除をすればするほど、ダイヤが増えて溜まっていきます。

 

 

つまり、

「まだ掃除をしていないところ」

は、

「ダイヤの採掘鉱山」

です。

 

 

そんなスタンスなら、汚れた部屋なんて最高ですね。

「ダイヤがたくさん埋まっている!!掘りたい!!」

となるでしょう。

 

 

こう書きながらすでに、私がよだれ出そうな気分です。

 

 

講座でゆたにさんは、

「ホコリを見つけると嬉しい」

と話していらっしゃいました。

 

 

ああ、ダイヤ集めのスタンスだから、ホコリを見つけると嬉しくなるのかも、と腹落ちしました。

私もホコリを見つけて喜ぶ人になりたいです。

まとめ。

「この考え方を、掃除以外にも横展開したら……?」

と想像しました。

視界が360度キラキラまぶしすぎて、心拍が上がりました。

 

 

あたり一面、採掘鉱山ですね。

ダイヤ、アクアマリン、エメラルド、サファイア……うふふ。

 

 

ちなみに、できた分だけマス目を塗ったりシールを貼って「これだけ溜まった♡」とうきうきする人とか、通帳の数字が増えていくのを見てキュンとするタイプの人は、この考え方が合っている気がします。

終わったタスクを線をぴーっと引いて消してキュンとするタイプの人は、「汚れの除去」自体がすでに快楽かもしれません。

 

 

掃除は、少しスタンスを変えるだけで、「賽の河原での石積み」から「ダイヤの採掘」に変わります。

 

 

「掃除がしんどい」という方の参考になれば。

私もこの考え方で、掃除をはじめ、色んなことを楽しくラクに快感にしていけそうです。

 

\ ONLINE SHOP オープン/

 

▼このブログを書いている人


裕里(ゆり)
▶詳しいプロフィール

 

▼裕里(ゆり)の旧ブログ

ジブンクリエイト(AC克服法)